CUCURU(ククル) > グルメ > 手軽に高級感アップ!はんぺんとおだしで作るフワフワ「伊達巻」レシピ

手軽に高級感アップ!はんぺんとおだしで作るフワフワ「伊達巻」レシピ

画像:スズキカオリ

年末年始は大掃除などやることがいっぱいですね。お正月のメインといえばやっぱり“おせち料理”。お料理を何品も作るのは大変!

デパートで購入したり、おせちのお惣菜を詰めたりするご家庭も多いのではないでしょうか。

今回は、買うと高価な“伊達巻”のレシピを、だし・うま味料理研究家の筆者がご紹介。はんぺんを使うことで簡単でお値打ちに作ります。そこにおいしい“おだし”をプラスすれば、高級感がぐんとアップしますよ。

 

■混ぜて焼いて巻くだけ!簡単「伊達巻」

画像:スズキカオリ

<材料(1本・卵焼き器1枚分)>

卵・・・3個

はんぺん・・・80g

砂糖・・・大さじ1と1/2~2

はちみつ・・・小さじ1

だし・・・大さじ2

みりん・・・大さじ1/2

塩・・・ひとつまみ

<作り方>

(1)フードプロセッサー(またはすり鉢)にはんぺんを入れ、しっかり撹拌(かくはん)します。残りの材料もすべて入れ、よく撹拌しましょう。

(2)卵焼き器(フライパン)にサラダ油を少々入れて熱し、サラダ油を拭き取ります。(1)を流し入れ、ごく弱火にして、卵焼き器より一回り小さめのフタ(アルミホイルをかぶせてもOK)をして、底がきつね色になり、表面がほぼ乾くまで15分位焼きましょう。

画像:スズキカオリ

(3)フライ返しでひっくり返します。弱火で、フライ返しで全体を押さえ5分位焼きます。

(4)すだれ(鬼すだれ)にとり、手前から2cm幅に4本、浅い切込みを入れましょう。すだれごと軽く巻き、両端を輪ゴムで止めて10分おきます(仮巻き)。

画像:スズキカオリ

(5)いったんほどき、再びすだれに置き、伊達巻のみをしっかり巻いて両端を輪ゴムで止め、巻終わりを下にして、冷めるまでおきます。冷めたら1cm幅に切ります。

はちみつを入れることで、焦げにくくキレイな色に仕上がります。甘めが好きな場合は、砂糖で味を調整しましょう。

伊達巻を巻く方向は、“左巻き=エネルギーが抜ける”“右巻き=エネルギーが入る”と伝えられているので、おせち料理は“右巻き”で作りましょう。

 

■余ったら、おでんやフライにも!

画像:photo AC

おせちに欠かせない“伊達巻”は、鮮やかな黄色の色合がお重を華やかに演出してくれます。

余った伊達巻は、おでんや煮込みうどんの具材、お弁当のおかずとしてもオススメ。そして、フライや天ぷら、さらには細かく切ってサラダのトッピングにしてもおいしいですよ。

 

いかがですか?

だしの効いた手作りの伊達巻、ぜひお試しくださいね。

 

【画像】
※ photo AC
※ スズキカオリ

Recommend今あなたにおすすめ