CUCURU(ククル) > グルメ > 苦手なんて言わせない!子どもが喜ぶ「変わりおせち」レシピ3つ

苦手なんて言わせない!子どもが喜ぶ「変わりおせち」レシピ3つ

画像:藤波久仁子

年末のおせち作り……大変ですよね。何日もかけて作っても、「おせちかぁ~」と微妙な反応をされ、定番のおせち料理は、若い人や子どもたちにとって苦手だったりします。

そんなお口を黙らせる!可愛くてお洒落な、“変わりおせち”はどうでしょう?

食育メニュープランナーの筆者が、ちょっとつまんでみたくなっちゃうレシピを紹介します。

 

■1:有頭海老のチーズ焼き

<材料>

・有頭海老

・マヨネーズ

・粉チーズ

・マジックソルト

画像:藤波久仁子

<作り方>

(1)海老の殻をむく

(2)背開きし、背ワタを取る

(3)マヨネーズを塗り、粉チーズ・マジックソルトをかける

(4)天板に、少し間隔をあけながら並べ 200度に熱したオーブンで10分焼く

(一度に8尾焼けます)

 

■2:かまぼこの飾り切り「兎」

<材料>

・かまぼこ

・黒胡麻(海苔でも可)

・ケチャップ

画像:藤波久仁子

<作り方>

(1)かまぼこを適当な厚さにカットする

画像:藤波久仁子

(2)ピンクと白の間に包丁を3分の2くらいの所まで入れ、クルンと丸め込む

(3)目は、包丁の先で小さく切り目を入れ、黒胡麻を埋め込むか、海苔で作って少量のマヨネーズで接着する

(4)ほっぺは、ケチャップをお箸の先につけてほっぺの位置に付ける

 

■3:イクラ&お花の手まり寿司

イクラとローストビーフの手まり寿司
画像:藤波久仁子

お花の手まり寿司弁当
画像:藤波久仁子

<材料>

・酢飯

・イクラ

・カイワレ

・生ハム

・チーズ

・海苔

画像:藤波久仁子

(1)イクラの手まり寿司は、ラップを広げ、カイワレ・イクラ・酢飯の順にのせギュっと握り、形をととのえる

(2)お花の手まり寿司は、チーズをお花の抜き型で抜き、海苔と重ね、まわりをハサミでカット。ラップを広げ、チーズのお花・生ハム・酢飯の順にのせギュっとにぎり、形をととのえる

 

いかがですか? これなら何日もお節を食べないといけないなんてことはなく、美味しいうちに食べきれちゃうと思いますよ。ぜひ作ってみてくださいね。

 

【画像】

※ 藤波久仁子