CUCURU(ククル) > グルメ > 手抜きなんて言わせない!市販のおせちを「豪華」に魅せる方法2つ

手抜きなんて言わせない!市販のおせちを「豪華」に魅せる方法2つ

画像:cafeくろねこ

年の瀬ですね。すでにおせち料理の準備を始めている頃でしょうか?

毎年おせち料理を手作りしている方もいますが、手の込んだ料理をたくさん作るのは大変なので、市販のおせちを注文している家庭も多いと思います。

そんな方のために、今回は、市販品や一部手料理で作ったおせちを、より“豪華”に見せるカンタン盛り付け方法を2つご紹介します。

 

■1:「変形お重」に詰める

おせちといえば四角形のかっちりしたお重のイメージがありますが、あえて四角形ではない形の大きな器を探してみましょう。

画像:cafeくろねこ

今回筆者が選んだのは、かわいらしいお花のシェイプになっているお重!

花びらの数だけ5つの仕切りに分かれています。このように仕切りがあるタイプは、詰めるときにとても便利ですよ。

黒豆や栗きんとんなどは、作るのに時間がかかりますが、年末年始シーズンになればスーパーなどでたくさん販売されます。そんな市販のおせち料理を買ってきて、あとは詰めるだけ!

汁気のあるものは仕切りの中へ詰めましょう。また、円形であれば料理も円形に詰めるなど、器の形を活かした詰め方をするとオシャレに見えますよ。

“お重=四角形”のイメージを取り払ってみてくださいね。

 

■2:詰めずに盛り付ける

次に紹介するのは、詰めるということすら取り払って、そのまま盛り付けてしまう方法です。

画像:cafeくろねこ

なんとこちらは、100円均一で購入したお盆でテーブルセットしました! 一人分ずつ盛り付けるのであれば十分な大きさなので、黒のフォトジェニックな器として利用してみましょう。

盛り付けときは、紅白かまぼこや伊達巻など、彩りのあるおせち料理を並べるのがポイント! 一人分ずつ盛り付ければ、食べ残しも減らせたり、甲殻類等にアレルギーのある方がいたりしても安心です。

邪道とも思える方法ですが、少量のおせちを楽しみたい家庭にオススメです。

 

いかがですか?

これからおせちを準備したり、いつものおせちと雰囲気を変えたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【画像】
※ cafeくろねこ