CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 化粧品はストローで保管!? 身近な物で「コンパクトに荷造りする」裏ワザ3つ

化粧品はストローで保管!? 身近な物で「コンパクトに荷造りする」裏ワザ3つ

画像:SHUSTIKOVA INESSA / Shutterstock

年末が近づいてきて、実家に帰省する家庭も多いのではないでしょうか?

帰省の場合、ホテルとは違いアメニティが揃っているとは限らないため荷物が多くなりがちですよね。

今回は、そんな帰省時に便利な“女性の小物類荷造りの裏ワザ3選”をご紹介します。

 

■1:ストローで、使い切りスキンケア

画像:cafeくろねこ

こういうときのために、スキンケア商品の試供品類を保管している筆者ですが……「基礎化粧品は普段使っているマイアイテム派!」という方も多いはず。そんな方のために、まずはストローとライターのみで基礎化粧品を“簡単かつコンパクトに”詰め替えられる方法を紹介します。

まずストローの下をライターであぶり、手でつぶします。熱くなっているので、作業時は軍手をはめるなど火傷に注意してくださいね。

次にストローをポーチに入る長さにカットし、そこへクレンジング、洗顔、化粧水、乳液など、液体やジェル状の化粧品をそれぞれ注ぎます。クリームなどもポンプ式のものからであればうまく入れられますよ。

最後にストローの上の部分を下と同じようにライターを使って封をし、油性ペンで中身を書けば完成! 使うときは小さなはさみでストローをカットしましょう。

これで、1回分のスキンケアの小分けが完了です。

 

■2:ソフトコンタクトレンズケースで、バスグッズも最小限に

画像:cafeくろねこ

バスグッズも、「自分のお気に入りを使いたい」「借りるのはなんだか申し訳ない」という声をよく聞きます。

そんなときに便利なのが、“古くなったコンタクトレンズケース”! これを使って、シャンプーやコンディショナーなどをコンパクトに詰めてみましょう。

蓋に色がついているものが多いため、“シャンプーは青色の方”などと覚えておけば間違えることもありません。

コンタクトレンズケースは蓋がしかっりと閉まるようになっているため液漏れの心配も少ないですよ。また指ですくい取りやすい形状になっているため、無駄なく使いきることができます。使用後も、ケースをその場で洗って衛生的に持ち帰ることができますね。

 

■3:100均のピルケースで、細かいアクセサリーの収納

画像:cafeくろねこ

ネックレスのチェーンが他のアクセサリーに絡まってしまったり、ピアスが片方なくなってしまったりと、意外と持ち運びにくいのがアクセサリー。

そこで“ピルケース”の活用です! 100円ショップで色々なサイズや形の商品が売っているので、お手持ちのアクセサリーに合わせて探してみてくださいね。蓋にツマミが付いていてきちんと閉まるタイプのものを選ぶのがポイントです。

これを使えば、身につけていったアクセサリーの収納も含めて便利ですよ。

 

いかがですか? 身近にあるちょっとしたものを使って、コンパクトな荷造りができます。

今年の帰省は、いつもより身軽に便利に! ぜひ試してみてくださいね。

 

【画像】
※ Africa Studio/Shutterstock
※ cafeくろねこ