CUCURU(ククル) > イベント情報 > 浦井健治主演の舞台『ペール・ギュント』、愛知で12月20日ライブ・ビューイング決定

浦井健治主演の舞台『ペール・ギュント』、愛知で12月20日ライブ・ビューイング決定

画像:久家靖秀(Kuge Yasuhide)

コンサートやスポーツが全国各地の映画館でライブ中継される“ライブ・ビューイング”。最近では当たり前のようになってきましたが、今や“演劇”も映画館で観られるのを知っていますか?

チケットが売り切れて観られない、遠くてとても行けない……なんてことも多かった演劇。 東海エリアで観られる作品は限られているため、多くの公演が集中している関東・関西地方へ遠征している方も多いのでは。

しかし、そんな遠方で上演される演劇も、東海エリアにいながら映画館で観られる“ライブ・ビューイング”があるんです!

 

■「ライブ・ビューイング」のメリット

画像:Photo AC

観られないと諦めていたものが、近くの映画館の大画面・大音量で観られるのが何よりうれしい! 会場からの生中継なので、その日その時にしか生まれない空間を、離れていながら楽しむことができます。

さらに、大画面なので細かい動作や表情が間近で観ることができます。汗や涙までくっきりと映るので、迫力と感情に揺すぶられ、一気にその世界観へ引き込まれますよ。今まで気付いていなかった魅力を新しく発見できるかもしれませんね。

 

■12月20日(水)愛知県でも上映決定!舞台『ペール・ギュント』とは?

そんなライブ・ビューイングで楽しめる演劇が、来たる12月20日(水)にも上映されます。

画像:久家靖秀(Kuge Yasuhide)

その作品とは、夢見がちな青年ペールが、遠回りをしながらも“本当の幸せ”や“真の自分”を見つけていく旅物語『ペール・ギュント』。『ペール・ギュント』は、主役の男性の名前です。

女性にだらしがなく自由奔放な彼が、波乱万丈の冒険の末にたどり着いた果ては……?

破天荒で壮大なファンタジーでありながら、“自分探し”という普遍的なテーマを追求する作品。とっても気になります!

公演は、東京都世田谷区にある『世田谷パブリックシアター』が会場となるものの、東海エリアでも『ミッドランドスクエアシネマ』『安城コロナシネマワールド』にてライブ・ビューイングを楽しむことができますよ。

 

■演出家はなんと平昌冬季オリンピック開・閉会式の総合演出家!

この作品は“日韓文化交流企画”のため、キャストは日韓20名、演出家に韓国のヤン ジョンウンさんを迎えています。ヤンさんは、なんと平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック開・閉会式の総合演出家でもあるスゴい方なんですよ。

今も色あせない150年前の戯曲を、ヤンさんの手によって斬新な演出でエネルギッシュに描きます。

 

■主役のペール役「浦井健治」さんの魅力

主役に扮するのは、ミュージカル界で知らない人はいない浦井健治さん。ミュージカルのみならず、数々の台詞劇・ドラマ・映画など、幅広い分野で活躍しています。

彼の魅力はなんといっても“演じ分け”。コメディから殺人鬼まで幅広く演じる浦井さんが、この作品では青年期から老いて死ぬまでを演じます。

他キャストは、ペールの恋人・ソールヴェイ役に趣里(しゅり)さん、ペールの母役にマルシアさん。韓国キャストとの化学反応に胸が高鳴ります。

 

■ライブ・ビューイング限定「スペシャル映像」の上映が決定!

ライブ・ビューイングでは、本公演の上映はもちろん、10月に行われた制作発表会の様子や出演者のインタビューなど、スペシャル映像も上映されることが決定。一夜限りの映画館限定映像、これは見逃せませんね。

※ スペシャル映像の内容は変更になる可能性があります。

 

ぜひこの機会に、お近くの映画館でいつもと違うスペシャルな時間をお楽しみください。

 

<開催情報>
『ペール・ギュント』ライブ・ビューイング ~日韓文化交流企画 世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演~
日時:2017年12月20日(水)18:30 開演
東海エリアの会場:ミッドランドスクエア シネマ、安城コロナシネマワールド
料金:3,800円(全席指定/税込)
HP:https://setagaya-pt.jp/performances/201712peergynt.html

【参考】
平昌冬季オリンピック 開・閉会式の総合演出を務めるヤン ジョンウンと浦井健治をはじめとする日韓20名のキャストが贈る舞台『ペール・ギュント』を全国各地の映画館に生中継!-PRTIMES
※ ペール・ギュント ライブ・ビューイング〜日韓文化交流企画 世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演〜―LIVE VIEWING JAPAN

【画像】
※ 久家靖秀(Kuge Yasuhide)