CUCURU(ククル) > グルメ > ラの壱×まるや八丁味噌がコラボ!熟成味噌ラーメン『蔵壱』春日井市にOPEN

ラの壱×まるや八丁味噌がコラボ!熟成味噌ラーメン『蔵壱』春日井市にOPEN

画像:野村純子

東海エリアに16店舗ある『とんこつラーメン ラの壱』(株式会社メイフーズ)が、愛知の味噌文化を牽引する『株式会社まるや八丁味噌』とコラボし、新ブランド『熟成味噌ラーメン 蔵壱』を12月15日(金)、愛知県春日井市にオープンしました。

付近はラーメン店、中華料理店をはじめ外食チェーンが立ち並ぶ激戦区です。筆者の周りでも、発酵食品である味噌や、ラーメン大好きな女性が急増中! さっそく取材してきました。

 

■知ってた?「八丁味噌」って何にでも合う

“愛知県×味噌”と言えば、みそ煮込み、みそおでん、ひとクセある(?)和のメニューが思い浮かぶのではないでしょうか?

ところがまるや八丁味噌は懐石料理はもちろん、中華料理にも使われるなど幅広いシーンで活躍しているんだそう。

一般的な味噌よりも水分が少ないため、うま味が凝縮され、加熱しても風味が消えないのが特徴とのこと。だからこそ、煮込み料理や、濃厚なとんこつスープにも負けないのですね。

 

■こだわりが多すぎ!『熟成味噌ラーメン』を実食

画像:野村純子

こちらが看板メニューの『赤蔵ラーメン』(税込730円)。“二夏二冬かけて熟成される味噌”と“十数時間炊いたとんこつスープ”を使用した一品です。この1杯のラーメンが、2年以上も前に仕込開始されていたとは!

2つを合わせたら超濃厚なのかと思いきや、意外にもスープはスッキリしており、それでいてちゃんと味噌の香ばしさが感じられました。

自家製にこだわった中太ちぢれ麺は、打ち上げてから2日間熟成されるそうです。

画像:野村純子

通常でも野菜がたっぷりですが、野菜増し(+120円)にすると400g以上もの野菜を摂取できますよ。

 

■女性ランチにも良さそう!明るい店内

画像:野村純子

外観は、株式会社まるや八丁味噌の工場見学で見ることのできる、石が積まれた味噌桶がお店の看板になっています。

画像:野村純子

店内に入ると、木桶がディスプレイされていますよ。厨房を取り囲むようにカウンター席が配置され、その脇にはファミリーに嬉しいテーブル席があります。卓上にエプロンが置いてあるのも嬉しいですね。

 

八丁味噌とは、江戸時代より八丁村(現・岡崎市八帖町)で始まった2社だけが名乗れるブランド味噌です。

そのまるや八丁味噌をラーメンで味わえるのはここだけ! ぜひお試しくださいね。

 

<店舗情報>
熟成味噌ラーメン蔵壱 春日井市民病院前店
住所:愛知県春日井市西山町3-3-1
電話番号:0568-29-7008
営業時間:11:00~24:00
座席数:カウンター、テーブル合計33席
駐車場:20台

【画像】
※ 野村純子