CUCURU(ククル) > ライフスタイル > この2枚の写真どちらが細く見える?骨格診断の着やせ効果を検証

この2枚の写真どちらが細く見える?骨格診断の着やせ効果を検証

「今まで似合っていたはずの服が、似合わなくなってきた……」そんな経験はありませんか?

子育てに追われ、自分のお洒落どころではなかった日々。時間的な余裕が少しができた時、ふと鏡に映った自分にびっくり!

「あれ? カジュアルスタイルが得意で人からも似合うと言われていたのになんだか疲れたおばさんみたい」

何とかしたいけど、どうしていいかわからない。そんな方におすすめなのが“骨格診断”です。今回は、講師も筆者が“着やせ”して見えるポイントをお伝えします。

 

■2つの写真、どちらが細く見える?

骨格診断とは、持って生まれた身体の“質感”、“ラインの特徴”を知り、自分自身の体型をもっとも綺麗に見せてくれる理論です。ストレート・ウェーブ・ナチュラルと3つのタイプがあります。

まずは写真をご覧ください。

画像:C・F・E masaco

画像:C・F・E masaco

どちらがスタイルアップして見えるか一目瞭然ですよね。明らかに下の写真の方がスッキリ細く見えます。

このように、自分の体型を骨格診断の観点から理解することで、スタイルが良く見えるのです。

 

■写真の女性は「ストレート」タイプ

このモデルさんはストレートタイプと言って、胸元に厚みがあり腰の位置が高いタイプ。外人さんぽい体型が特徴になります(芸能人で言うと、深田恭子さん、米倉涼子さん、藤原紀子さんなど)

ストレートタイプの方は、襟元がすっきりしたものがお似合いになりますので、丸首よりUネック、シャツを着る時もボタンは開けて着た方がすっきりと着やせ効果がでます。上記の様な体型の特徴がある方はストレートタイプかも。

 

■着やせ効果を狙うには○○のチェックがポイント

骨格診断理論は“引きで見た際の全身のバランスの美しさ”が大切。洋服を選ぶ際は、胸やお腹など、気になる部分をカバーすることに気を取られてしまいがちですよね。

そうではなく、全身のバランスが美しく整っていれば、十分に“着やせ”効果がアップするのです。

試着の際も気になるところだけを重視して見るのではなく、必ず全身を鏡でチェックすることが大切です。

 

いかがでしたか?

ご自分の特徴がわかれば、似合うの軸がわかるのでお洋服が選びやすくなりますね。次回は他の2つのタイプもご紹介していきますね。

 

【画像】

※ C・F・E masaco