CUCURU(ククル) > ライフスタイル > あなたは何タイプ?骨格診断タイプ別ストールの巻き方・選び方

あなたは何タイプ?骨格診断タイプ別ストールの巻き方・選び方

画像:マイ・オウン・スタイル 小島 葉子

いよいよ寒さが本格的に増してきましたね。

そんなときはストールが便利なのですが、なかなか上手に巻けない、着太りするなどと感じている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今日は体型に合ったストールの選び方と巻き方の基本をお伝えしたいと思います。

 

■骨格診断ってご存知ですか?

骨格診断とは、生まれ持った身体の質感やバランス、ラインの特徴から、その方をもっともスタイルアップさせるファッションアイテムを知るための診断技術で、筆者の専門分野となります。

具体的には、“ストレート”、“ウェーブ”、“ナチュラル”の3タイプに分類することができます。

ご自身がどのタイプなのか知っておくととっても便利なんですよ。

 

■骨格診断「ストレート」の特徴とストール選び

骨格診断“ストレート”の方の特徴は、ムチムチとした質感。上重心のリンゴ体型。

胸板が厚く、バストの位置が高い。首は太め・短めの方が多いので、ストールを巻くと胸元の詰まり感から着太りする場合も多いです。

そんな方は、薄手でフラットな素材のストールを選んでシンプルに装うこと。

そして結び方のコツは写真のように、首元を少しあける、垂れの部分で縦長のラインを作ると、すっきりとして着太りしません。

画像:マイ・オウン・スタイル 小島 葉子

 

■骨格診断「ウェーブ」の特徴とストール選び

骨格診断“ウェーブ”の方の特徴は、ぽちゃぽちゃとした柔らかい質感。下重心の洋ナシ体型。

胸板は薄く、首が細長く、バストの位置が低めなので、首からデコルテあたりに間延び感が出やすいのが特徴です。

そんな方は、写真のように首元にコンパクトに巻いて重心を上げるとスタイルアップしますよ。

選ぶときは、モヘアやアンゴラ、ファーなど、柔らかくて華やかになる素材もおすすめです。

画像:マイ・オウン・スタイル 小島 葉子

 

■骨格診断「ナチュラル」の特徴とストール選び

骨格診断“ナチュラル”の方の特徴は、骨太で脂肪の少ない固い質感。上重心でも下重心でもないバナナ体型です。

骨や筋の質感が強いので、ストールでふんわりとした立体感を演出すると良いですね。

大判のストールを選び、ざっくりと。立体感とゆとり感を出すような巻き方をしてみてください。

画像:マイ・オウン・スタイル 小島 葉子

 

いかがでしたか? ストールひとつとっても、人それぞれに最適の選び方と巻き方があります。

おしゃれのコツは自分の特質をよく知って生かすこと。ご参考にしていただければ幸いです。

なお、自分はどのタイプなの?と自己診断が難しい場合は、ぜひ筆者主宰のサロンへお越しくださいね。

骨格タイプは一生変わりませんので、一度正しい診断を受ければずっと役立ちます。

 

【画像】

※ マイ・オウン・スタイル 小島 葉子