CUCURU(ククル) > グルメ > ※ 閉店 1日700個売れる日も!名古屋のコッペパン専門店の惣菜コッペが絶品揃い

※ 閉店 1日700個売れる日も!名古屋のコッペパン専門店の惣菜コッペが絶品揃い

画像:大橋千珠

もちもちパンがおいしいパン屋さん『BENKEI』。愛知県長久手市に本店がある他、名古屋市緑区の『滝ノ水店』や津島市の『蟹江店』もありますが、4店舗目となる『BENKEI Pizza Koppe(ベンケイピザコッペ)』が名古屋市守山区に2017年6月にオープンしました。

人気のコッペパンは1日に最大700個も売れたんだとか! 夕方にはコッペパンが品切れになってしまうことあるというBENKEI、早速その魅力を伺ってきました。

 

■『BENKEI Pizza Koppe(ベンケイピザコッペ)』のこだわり

『BENKEI Pizza Koppe』(ベンケイピザコッペ)は、その名の通りピザとコッペパンが多く並ぶ他、惣菜パンもズラリ。

なかでも人気なのが、こちらのコッペパン! 巷でも流行中の“コッペパン”ですが、BENKEIにはこだわりがあるそう。

画像:大橋千珠

それはなんといっても“しっとりもちもち”とした食感! 小麦粉をかなり細かくし、水分の吸収率をあげることで独特の食感を生み出しているんだそう。

さらにパン生地を仕込んでから丸1日かけて低温発酵させることで、小麦の旨みがかなり引き出されるんだとか。

一口かじると小麦の香りをしっかり感じられ、旨みが押し寄せてきますよ!

 

■特に人気の高い4つのコッペパンとは?

絶品揃いのコッペパンですが、中でもお店で人気のコッペパンを4つご紹介します。

(1)手作り人参サラダ(220円)

画像:大橋千珠

まずはこちらの『手作り人参サラダ』(220円)。今回は4種類の雑穀をトッピングし、香ばしく焼き上げたコッペパンで作っていただきました。モッチモチのコッペパンに香ばしい雑穀。パンの底まで雑穀が付いています。

人参サラダは自家製ドレッシングで作られており、優しい味わいです。たっぷり入っているので満足度も高いですよ!

(2)明太(220円)

画像:大橋千珠

続いてはこちらの『明太(焼きたて)』(220円)。焼きたての明太は香り豊かで、熱々のパンをお店の中で頂けるのは至福のとき。ジュワッと広がる明太の味わいがたまりません。

優しい味なので子どもでも食べられそうです。

(3)BENKEIハンバーグ(320円)

画像:大橋千珠

がっつり食べたい方は『BENKEIハンバーグ』(320円)がオススメ。なんとひとつのコッペパンの中にハンバーグが2個も入っており、かなり食べ応えがあります。

中に入っているトマトソースも絶品ですよ!

(4)北海十勝あずき(220円)

画像:大橋千珠

そして最後は『北海十勝あずき』(220円)。ホクホクに炊き上げられたあずきの食感がおいしいコッペパンです。パンのもちもちとした食感と相性抜群!

 

■他にもオススメ商品がずらり!

BENKEIの人気商品はコッペパンだけではありません。惣菜パンもこの品揃え!

画像:大橋千珠

しかもBENKEI Pizza Koppeに並ぶのは、長久手本店で人気の惣菜パンばかり。お客さんから好評なパンたちを厳選して揃えているんだそうです。

人気の惣菜パンが手軽に購入できるのはうれしいですね。

画像:大橋千珠

画像:大橋千珠

筆者が訪れた日は、サンドイッチやハンバーガーなど、ランチにもピッタリのボリューム系のパンが多かったです。

画像:大橋千珠

店内にはイートインスペースもあり、ドリンクはコーヒーやカフェモカ、カフェラテ、ココアなどをセルフで淹れるシステム。淹れたてのドリンクと出来立てのコッペパンを一緒に食べる、贅沢な時間を過ごせますよ。

 

いかがですか? 生地作りからこだわるBENKEIの新ブランド。

もっちりしたコッペパンは一度食べたらやめられない絶品の味ですよ。

<店舗情報>
BENKEI Pizza Koppe
住所:愛知県名古屋市守山区白山4-1204 玉越サンシャインマンション 1F
電話:052-773-8889
営業時間:8:00〜18:00
定休日:年中無休(ただし2017年12月31日〜2018年1月5日は休み)

【画像】
※ 大橋千珠