CUCURU(ククル) > ライフスタイル > ママ友の輪を広げるきっかけにも!流行の「ハンドメイド」人気グッズとは

ママ友の輪を広げるきっかけにも!流行の「ハンドメイド」人気グッズとは

画像:rachel / PIXTA(ピクスタ)

DIYブームの近年、「ハンドメイドグッズ作りにチャレンジしたい!」と思っているママも多いのではないでしょうか?

今回お話を聞いたのは、ハンドメイドグッズを中心としたイベントを主催されている永田美由紀さん。雑貨屋さんの元オーナーでもある永田さんに、今週は“ハンドメイドの魅力”を語っていただきました!

 

■人気のハンドメイドグッズはやっぱり「実用性重視」

画像:CUCURU編集部

永田さんの主宰イベントに参加するハンドメイド作家さんは、実際にどんなものを作っているんですか?

「製作している方も子育て真っ最中のママが多いので、自分が子育していて必要だと思った実用性のあるものが多いです。例えば、ベビーカーなどにつけられる荷物かけですね」

画像:永田美由紀

本当だったら味気ないものですが、リボンなどをつけてかわいくデコっているんですね! これが800円で購入できるんですか?

「はい、安いですよね」

こういうものを自身でかわいくアレンジできるだけでも、テンションが上がりますよね。こうして、ハンドメイドグッズが生まれていくんですね。

「あと、一番多いのは布のマスクです。平面のものもあれば、立体的なものを作る方もいます。アレルギーや鼻炎をもっているお子さんのママだと、ガーゼにもこだわっているんですよ」

画像:永田美由紀

すごいですね! インフルエンザも流行るこの時期はマスクをする人も多いですが、布だったら洗って繰り返し使えますね。

「はい、何度でも使えます。かわいらしい柄の布マスクもあるので、マスク嫌いのお子さんも喜んでつけてくれるかもしれませんね!

マスクは、安いものだと150円~180円ほどで購入できます。ガーゼが2重3重にしてあったりと、こだわってらっしゃる方のマスクは250円くらいですね」

 

■保育園・幼稚園の手作りグッズも好評

他にも人気の商品があるそうですね!

「はい、保育園や幼稚園などに通うお子さん用のハンドメイドグッズですね。子どもが保育園や幼稚園に通っていると、園から「各家庭で手作り巾着や雑巾を作ってほしい」と言われることがあり、裁縫の苦手なママにとっては大変です。

しかも、“正方形ではなくて長方形にしてください”など、条件が決められていることもあります。それに合わせて作るのはさらに大変!

そんなときは、裁縫や手作りが得意な方が作ったものを、自分では作れないお母さんたちが買うんですね。セットで販売されたりします」

なるほど! “セット”というのは、すでに出来上がっているものですか?

「そうですね。例えば、ナフキンとお箸入れと、それを入れるポーチのセットとかですね。

手作りならではの温かみがあるので、ママの間でも“誰が作ったの?”と話題になったり、“また頼もう!”というように、ママ友の輪が広がっていくんです」

 

いかがですか?

ハンドメイドグッズは自分や子どもが喜ぶだけでなく、周りのママとのコミュニケーションツールにもなってくれそうですね!

 

『キラママ de CUCURU』は、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【12月14日(木)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

画像:CUCURU編集部

永田美由紀(ながたみゆき)
イベント主催者。色々なジャンルのイベントを開催予定です。ホームページ:https://ameblo.jp/brilliant2009

 

<番組情報>
CBCラジオ キラママ de CUCURU
東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。
放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://blog.hicbc.com/radio/kiramama/

【画像】
※ rachel / PIXTA(ピクスタ)
※ CUCURU編集部