CUCURU(ククル) > グルメ > この冬食べたい「火鍋」ってどんな鍋?

この冬食べたい「火鍋」ってどんな鍋?

 今、芸能人やモデルの間で人気の火鍋。でも、日本人にとって火鍋はあまり馴染みがないため、「いったいどんな鍋なの?」と思う方も多いかもしれません。

 火鍋は中華圏で食べられている鍋料理の一種で、食材や味付けはさまざまですが、日本では中央が仕切られた独特の鍋を使い、二種類のスープをチョイスするのが一般的です。「ララチッタ 香港・マカオ」(JTBパブリッシング刊)によると、火鍋はヘルシーな鍋なのだそう。四川山椒や唐辛子、粉唐辛子といった温まりそうなスパイスに、漢方にも使われるロンガン、クコの実などもたっぷり使われるようです。

 火鍋をオーダーすると、初めにスープを選ぶのが基本。激辛の「紅湯」と白濁した「白湯」が一般的です。気になる具材は、魚、肉、野菜、麺と盛りだくさん。とくに、骨付き地鶏や薄くスライスされた牛肉などは食べ応えも抜群! これには肉好きの人も要チェックですね。具材が選べるのも火鍋の特徴といえそうです。

 タレントの矢部みほさんは、名古屋で火鍋を堪能したことがあるそうです。そこには何やら、コラーゲンボールなるものを追加したようです。コラーゲンボールは、動物性や海洋性などの食材からコラーゲンを抽出して固めたものですが、女性には大人気で、スープに入れて溶かします。コラーゲンボールを入れた火鍋は、ヘルシーで健康にはもちろん、美容にもよさそうですね。

 二種類のスープが選べるので、辛いモノ好きも、そうでない人も楽しめる火鍋。この冬、ぜひ堪能してみましょう!

Recommend今あなたにおすすめ