CUCURU(ククル) > グルメ > 上中下で使い分けよう!部分別「大根」のマンネリ解消レシピ3つ

上中下で使い分けよう!部分別「大根」のマンネリ解消レシピ3つ

画像:photo AC

冬は甘みがのる大根。みなさんはどんな料理に使いますか? ふろふき大根、おでん、煮物……どれもおいしいですが、続くと飽きがちに。

そんなときは趣向を変えて、こんなメニューはいかがでしょうか? そこで今回は、野菜ソムリエの筆者が部分別の“大根使い切り”レシピをご紹介します!

 

■大根は部分によって使い分けを

まずは大根のカットの仕方から。大根は部分によって用途を変えると使いやすいので、部分ごとに切っていきましょう。

画像:大橋千珠

葉がついていたらすぐ切り落としてください。葉をつけたまま保管すると大根がスカスカになってしまう傾向があるため、購入したら葉をすぐ切って、別々に保管しましょう。

画像:大橋千珠

葉を落としたら、大根を3等分します。

画像:大橋千珠

葉がついていた首の部分は辛さがあまりないので生で食べるのがオススメ。サラダや大根おろしなどに向いています。

画像:大橋千珠

真ん中は煮ても、焼いても、炊いてもどんな料理用途にも向いています。

画像:大橋千珠

下の部分は辛いので火を通す料理にすると良いでしょう。

 

■レシピその1:首の部分を使って『ゆずぽんサラダ』に!

画像:大橋千珠

まずは大根の首の部分を使ったサラダレシピから。生の大根の食感と旨味を活かした“ゆずポンサラダ”を作りましょう。

<材料>

大根

ゆずポン酢

ごま油

鰹節

刻み海苔

分量は全てお好みで。適度に味見をしながら作ってみると良いかもしれませんね。

画像:大橋千珠

(1)千切りの仕方は薄くスライスし、重ねて千切りにします。

画像:大橋千珠

(2)ゆずポン酢、ごま油、鰹節、刻み海苔を混ぜてできあがり。さわやかな酸味は大根との相性抜群。くせになる味わいで、どんどん食べられちゃいますよ。

 

■レシピその2:真ん中部分は『大根の炊き込みご飯』に

画像:大橋千珠

煮物、炊きもの、なんでも OKな真ん中部分にオススメのレシピは炊き込みご飯。どなたでも食べやすい和風の味付けにします。

<材料> 4人分

米・・・2合

だいこん・・・3cm

人参・・・5cm

油あげ・・・1枚

ツナ缶・・・1缶

砂糖・・・大さじ1

みりん・・・大さじ1

醤油・・・・大さじ1

<作り方>

(1)大根・人参は5mm角に切り、フライパンにツナ缶の油を入れて炒めます。

(2)ツナも加えてさらに炒めます。

(3)米を研ぎ、調味料を入れて分量より少なめの水を入れ、(2)を加え普通に炊飯します。

(4)炊き上がったら完成です。

炊き上がった大根の食感も美味しい一品です。

 

■レシピその3:辛い根の部分は「ミートボール」のつなぎに

画像:大橋千珠

根の部分はミートボールのつなぎに。すりおろしてひき肉と混ぜてしまいましょう。もちろん、上の部分を使ってもOKですよ。

<材料>

豚ひき肉・・・100g

大根・・・30g

にんじんや玉ねぎ・・・お好みで

塩こしょう・・・適量

<作り方>

(1)下準備として、大根をすりおろしておきましょう。このすりおろした大根をつなぎに使いますよ!

(2)豚ひき肉100gに、すりおろした大根を入れてこねましょう。にんじんや玉ねぎなどをいれてもよりボリュームが増しますね。塩こしょうを振ってさらにこねます。

(3)サラダ油(分量外)を敷いたフライパンで焼きます。焼き目がついたら100ccの水を入れて蒸し焼きにすると、ふわふわのミートボールができますよ!

大根を入れれば、普段つなぎに使っている卵は入れなくて大丈夫!

ソースはケチャップや醤油などお好みでどうぞ。

 

いかがですか? 毎日の献立のマンネリ解消に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【画像】
※大橋千珠
※photo AC