CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 捨てるなんてもったいない!「割れたファンデーション」の有効活用方法3つ

捨てるなんてもったいない!「割れたファンデーション」の有効活用方法3つ

画像:野村純子

パウダーファンデーションがコンパクトケースの中で割れてしまうとショックですよね。ポーチの中で粉々に散らばったりするのでそのままでは持ち歩きできないのですが、だからといって捨てるのはまだ早い!

残ったファンデーションも、有効活用すれば1~2週間使えることもあります。

そこで今回は、エステティシャンでもある筆者が“粉々ファンデーションだからこそできる使い道”についてお伝えします。

 

■その1:ふるいにかけるだけ!そのまま粉として使える

画像:野村純子

割れたファンデーションは茶こしなどでふるい、サラサラの粉に戻して、容器に詰め替えましょう。メイクブラシで使えば薄付きで自然な仕上がりになります。

100円ショップなどで手に入る密封型の容器に詰め替えれば、持ち運びも気軽にできますね!

 

■その2:「乳液」と合わせて!リキッドファンデーションに変身

画像:野村純子

手持ちの乳液をパール1~2個分と、同量の割れたファンデーションをよく混ぜれば、あっという間に“クリームファンデーション”のできあがり! ふだん使い慣れた乳液ですから、馴染みも良いはず。

化粧直しのときに、乾燥して崩れたメイクの上からパウダーファンデを乗せても粉っぽくなるばかり……そんなときはぜひ“お手軽クリームファンデ”でメイク直しをしてみてください。

指先で軽くポンポンしながら少しずつ伸ばしていきましょう。しっとりとした仕上がりになりますよ。

 

■その3:濃すぎるチークの「薄め剤」に

画像:野村純子

買ってはみたものの、色が濃すぎて使いづらいチークはありませんか? そんなチークは、割れたファンデで薄めましょう!

方法は簡単。ファンデーションとチークをふるいでサラサラにしてから、お好みの濃さになるよう薄めます。ほんのりナチュラルな色に変わりますよ。

濃すぎるチークも割れたファンデも、せっかく買ったのだから捨てるのはもったいないですよね。組み合わせて有効活用しましょう!

 

いかがですか? プレストファンデーションは、真ん中から使っても四隅から使っても、いずれは圧縮がもろくなって割れやすくなります。

意外と知らない、“粉に戻して使う方法”。ぜひお試しくださいね!

 

【画像】

※ 野村純子

Recommend今あなたにおすすめ