CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 最悪カビだらけに…!「結露でビショビショになる家」NGポイント8つ

最悪カビだらけに…!「結露でビショビショになる家」NGポイント8つ

自宅をいつまでも綺麗な状態で保ちたいと思っていても、気付かぬうちに傷めてしまっていることがあります。

冬の住まいトラブルでよくあるのが“結露”です。寒暖差と湿度によって、窓に水滴がついてしまったり、壁が湿ってしまったり……これはカビの原因にもなる危険因子です。

そこで今回は、筆者の地元の不動産会社のかたに“結露の発生する悪条件”を伺ってきました。結露はどのような条件で発生しやすくなるのかという8つのポイントをチェックしていきましょう。

さらに、結露に対してどういった策をとれば良いのかを併せてご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

■NG1:換気扇を回さずに、お湯を沸かしたり煮炊きをしたとき

みなさんは調理の際、台所で換気扇を回しているでしょうか。ちょっとお湯を沸かすだけのときや、煮込み料理で長く調理をする場合、換気扇を止めてしまっていることもあるかと思います。

しかし、それによって室温が上昇したり湿度が増して、結露を招いてしまいます。換気扇を作業前からまわし、終了後もしばらくの間止めないでおくことで結露の発生を予防しておくことが出来ます。

 

■NG2:畳の上に絨毯など上敷きを敷いている

畳は吸放湿剤としての効果が期待できます。湿度が足りないときには含んでいた湿度を放出し、湿度が過多なときは吸着してくれる働きものです。しかし、畳の部屋は外観を損ねるからと畳の上にウッドカーペット等を敷くリフォームを行うご家庭も珍しくありません。

そして、畳の上に上敷きを敷いた部屋に洗濯物を干したり、電気湯沸かしポットや炊飯器を設置して使用していたりする場合は要注意。畳本来の吸放湿効果が損なわれ、結露の原因になります。畳がカビたり上敷きと畳の間にカビが発生してしまうリスクが増加してしまうのです。

先人の知恵とは素晴らしいもので、畳の吸放湿剤としての働きによって、昔から暮らしやすい住まいを実現してきたということです。現代になっても畳の部屋は、なるべく畳のまま暮らしていくのが望ましいですね。洋室に変更する際は、畳そのものをはがして敷物を考えることから始めましょう。

 

■NG3:入浴時や入浴後に浴室のドアを開けたまま

入浴時や入浴後に浴室ドアを開けているご家庭はありませんか? 温かい空気と心地いい湿度が部屋に行きわたる……と、浴室ドアを開ける習慣のあるご家庭もあるかもしれませんね。しかし、それこそが結露の原因になってしまうんだとか!

また、浴槽にお湯をはったまま放置するのもよくないとのこと。入浴中に限らず、入浴後も換気扇はまわし続けましょう。そしてドアを閉める習慣をつけるよう心掛けてくださいね。

 

■NG4:洗濯物をそのまま放置している

洗濯物を部屋干ししているご家庭も少なくないことと思いますが、洗濯物を長い間部屋に干しっぱなしにしてはいませんか?

部屋の大きさと空気の流れによって、部屋干しでの自然乾燥には限界があります。洗濯物の放置によって室内の湿度は高い状態で維持され、結露の大きな原因となってしまいます。

洗濯物が乾くまでにかなりの時間を要しているご家庭は、洗濯物の量の見直しを行いましょう。こまめに洗濯をし、乾いてから次の洗濯……といったように、乾き終えるまでの時間を確認することが重要です。

それでも洗濯が間に合わないという方は、除湿器の導入を検討してみましょう。

 

■NG5:居室にある換気口を閉じている

それぞれの居室には、換気口があります。大きな道路に面している部屋では、換気口から道路の騒音が入ってくるので不快で、夜は換気口を閉じる……といった話もよくききます。

しかし、換気口を閉じてしまうと湿度の循環がうまくまわらず、結露の原因となってしまいます。

また、換気口を開けているつもりでも、ホコリなどのゴミで詰まっている場合もあるので、定期的に清掃をしておきましょう。

 

■NG6:窓に付いた水滴をそのまま放置

結露は、窓に付いた小さな水滴を元にしてどんどん増えます。したがって、窓に付いた水滴をそのまま放置しておくと、結露に直結してしまいます。

水滴をこまめに拭き取ることで結露を防ぐことが出来ますので、面倒でもこまめに拭き取ることをオススメします。

 

■NG7:家具の裏面や底面を壁や床にくっつけている

家具を見栄えよく設置するためには、壁に付けることになるかと思います。しかし、壁に隙間をあけずに設置してしまうことによって、結露が発生しやすくなります。

さらに掃除しにくくなることによってホコリなどのゴミが溜まり、濡れた脱脂綿のように長期間湿った状態にしてしまいます。この状態ではカビに直結してしまいますので、気をつけたいところですね。

隙間をあけることによって、掃除がより行き届きやすくもなります。空気の層を作り、結露発生の防止になるので、家具の設置は慎重に行いましょうね。床にはすのこや除湿シートを敷くと、よりGOOD!

 

 ■NG8:台所に水気があるまま放置して就寝

台所の片付けをサボッて、就寝してしまうこともあるかと思います。しかし、台所の水気も結露の原因になります。

部屋の気温が下がった際、大きな水滴となってしまいますので、台所は就寝前には綺麗な状態にしておくようにしましょう。

 

いかがでしたか?

結露によってカビが発生してしまうと、壁紙を張り替えることにも繋がります。

壁紙を張り替えても、カビのニオイはなかなか消えないので不快ですし、アレルギーを引き起こすリスクも増大します。

大掃除ついでに、家の中の結露チェックをしてみてはいかがでしょうか。

(ライター 清水希枝)