CUCURU(ククル) > グルメ > 家族で来たい、職人こだわりの正統派洋食なら千種区『ともなみ』

家族で来たい、職人こだわりの正統派洋食なら千種区『ともなみ』

画像:かねお友香

千種区の住宅街の中にある『ハイカラレストラン ともなみ』は創業30年の老舗レストラン。食通の間では知る人ぞ知る存在です。

仲田本通商店街から移転して約10年。変わらぬ味を提供し続け、家族ぐるみのファンも多いんです。

「あたりまえのことを、あたりまえにやっているだけです」と淡々と語るシェフの職人魂が、すべてのメニューに込められています。

そんな職人魂の込められたメニューをご紹介しましょう。お腹が空くこと間違いなしですよ。

 

■厳選した大ぶりのカキを使用したこだわり「カキフライ」

画像:かねお友香

冬のシーズンは“カキフライ”がオススメ。選び抜いた仕入れ先からの厳選したカキが調理され、この日は大ぶりのカキが7個乗ってました。

どんな料理も同じフライヤーで一度に揚げる店も多いのですが、揚げる温度にこだわるので別々に揚げます。

繊細な揚げ加減でサクッとおいしい。とんかつ類もからりと揚げられ、食後も胃もたれしません。

「ここのを食べたら他店のカキフライは食べられなくなる」と、隣に座っていた常連客。カキフライだけでなく、ステーキ、スープ、とんかつ類、サラダなど、どれも基本に忠実に作られているのに、すべてにどこかオリジナリティが光っています。

 

■特製デミグラスソースがたっぷり!「とろとろオムレツオムライス」

画像:かねお友香

こちらは“とろとろオムレツオムライス”(1,080円)。口当たり良く絶妙なとろとろ具合の卵が魅力。固巻きオムレツもありますよ

かかっているデミグラスソースはオムレツだけのためにシェフが作っています。

ご飯類は、シェフが毎朝、同じ農家から仕入れた玄米を精米し、炊いているそうです。

 

■フードライター絶賛の「ハイカラ丼」

画像:かねお友香

オリジナルメニューで忘れてはいけないのが“ハイカラ丼”(980円)。こちらも人気メニュー。

豚肉を甘辛く炊いたものを寝かせ、余分な脂分を丁寧に取ってさいの目切りにし、ご飯にトッピング。その上にたっぷりのネギと海苔。オーダーすれば卵ものってきます。

ご飯とのバランスが絶妙で、毎回こればかり食べる女子もいます。あまりのおいしさに一気食いしたフードライターもいました。

 

■筆者も試食!「イカのロースト」「ハイカラ焼き」お味は…?

“イカのロースト”を注文してみました。どんな感じの料理が来るか、予想がつかないのがこの店の楽しみでもあります。」

画像:かねお友香

出て来たのはミディアム状態にローストされたイカ。サラダ仕立てになっています。ドレッシングのようなソースも丁寧に作られ、イカを引き立てていました。

画像:かねお友香

開店当初からある“ハイカラ焼き”は洋風ギョーザといった感じ。焼き具合も食感にもとことんこだわって作られているが分かりました。

 

■歴史あるクレーム・ブリュレのような「プリン」も絶品

デザートもおいしいです。盛り合わせもオススメです“ちょっと大きいプリン”は開業以来の歴史あるメニューなのでぜひ。

「プリンというよりクレーム・ブリュレと呼びたい!」とファンに人気のデザートです。我慢できずに食べて撮影を忘れてしまいました~。

画像:かねお友香

店内も入口も“ザ・洋食店”といった感じですね。

画像:かねお友香

 

あったかくって、おいしくって、落ち着く老舗洋食店。なぜか家族で来たくなるんですよね~。

皆さんもぜひどうぞ。ランチもお手頃価格です。

 

<店舗情報>

ハイカラレストラン ともなみ

住所:名古屋市千種区内山3-2-17 (JR中央線と桜通との交差点・南東約100m)
TEL:052-741-6686
アクセス:千種駅3番出口から北へ徒歩約4分
営業時間:11:30~14:00、17:30~22:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

 

【画像】

※ かねお友香