CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 100均アイテムで簡単に!振るとキラキラ「スノードーム」の作り方

100均アイテムで簡単に!振るとキラキラ「スノードーム」の作り方

画像:OKAアトリエ

早いもので、もう12月ですね。12月と言えば、クリスマス!

クリスマス飾りがあると、一気にクリスマスの雰囲気が出ますね。しかし、買うと高いことも多く、クリスマスシーズン以外には使えずなんだかもったいなくもありますね。

ご安心ください、実はクリスマス用の小物は簡単に作れるんです!

そこで今回は、家庭で簡単に作れるクリスマス飾りの定番“スノードーム”を、OKAアトリエ代表でもあるアートのプロ・岡友見先生にお聞きしました。

 

■クリスマスに作りたい!「スノードーム」の作り方

それでは早速作ってみましょう。材料は、自宅にあるものや100均で揃うものばかりですよ。

<材料>

ジャムなどの空瓶

PVAのり(100均で洗濯のりとして売っています。または水のりでも代用可能)

セロハンテープ

プラスチック製の人形

ビーズ

ビー玉

ラメ

セロハン

スノードームの中に入れる飾り(スパンコールなどのキラキラとした小物がオススメ。ミニツリーやサンタなどの小物を使ってもGOOD!)

材料を用意するときには、紙製品・木製品・ドングリや松ぼっくり・コーティングの無い鉄製品は、使わないように注意しましょう。これらの材料は、溶けたり腐ったりしやすいためです。

今回はクリスマス仕様のスノードームをご紹介しますが、中身を魚のフィギュアにすれば、涼しげなアクアリウムにもなりますよ!

<作り方>

(1)瓶に、お好みで用意したスパンコールなどの飾りを適量入れます。白っぽくて細かい小物を多めに入れると、スノードームらしく雪の印象が強まりますよ。

(2)飾りの入った瓶に水を七分目程入れ、その後PVAのりを満タンまで入れましょう。

(3)蓋を閉めます。蓋は、中身が漏れてしまわないようにしっかりと閉めてくださいね! 蓋を閉めたときに中身があふれてしまった場合は、洗い流して拭き取りましょう。

(4)きつく蓋を閉めたら、さらにセロハンテープで蓋を保護して完成!

画像:OKAアトリエ

PVAのりを入れているため、振ると中身がゆっくりと舞います。飾りがキラキラと光ってとってもかわいらしいですね。

 

■乳児用やインテリア用にも…アレンジ自在!

お子さんの成長段階や作った後の用途に合わせて、作り方等をアレンジできるのもこのスノードームの魅力。

たとえば乳児のおもちゃにする場合は、ペットボトルで作ると安全です。容器に油性ペンでクリスマスツリーやサンタの絵を描いたり、シールを貼ったりしてもかわいいですね。

また、スノードームの中に入れた人形や雑貨を固定しておきたい!という場合は、乾くと耐水性になる接着剤を瓶蓋の内側に塗り、ツリーや人形を固定して蓋に固定しましょう。

できあがったスノードームは蓋を底にして飾ります。すると、置いたときに人形が浮いたり横に倒れたりしなくなりますよ。

 

いかがですか? 家庭で簡単に作れるスノードーム。

友人同士や家族のみんなで作ってみると、それぞれの個性が出てより面白いかもしれませんね。

 

【取材協力】

※ 岡友見・・・美術講師。愛知県名古屋市西区にて、絵画教室やクリエイターの交流スペース『OKAアトリエ』を構える。

 

【画像】

※ OKAアトリエ