CUCURU(ククル) > グルメ > 素材を工夫するのがポイント!「ヘルシー」なカレールーの作り方

素材を工夫するのがポイント!「ヘルシー」なカレールーの作り方

画像:川尻裕紀

みなさんカレーはお好きですか? カレーといえば、昔から王道の人気メニューですよね。忙しい時も、作り置きできるカレーは大活躍するのではないでしょうか。

とはいえ、気になるのはカレーのカロリー。ダイエット中だと、どうしても敬遠してしまいがちです。

そこで今回は、1級ローフードマイスターの川尻祐紀先生に、“ヘルシーなカレールー”の作り方をお聞きしました!

 

■カレーはカロリーが高い!?

画像:blanche / PIXTA(ピクスタ)

「カレーは好きだけどカロリーが高いから控えている」そんな方も多いのではないでしょうか。

確かに、市販のカレールーは牛脂や豚の油で固めてあるため、どうしてもカロリーが高くなってしまいます。

そんな時におすすめなのが、カレーのルーを手作りすること。

手作りカレールーなら、使用する素材を自分で選ぶことができるので、低カロリーに抑えることができるんです。

 

■健康を考えて素材を選ぶのがポイント

画像:jun / PIXTA(ピクスタ)

手作りカレールーは自分で素材を選べる、そうお伝えしました。具体的にはどのようなことなのでしょうか? ここで具体例を紹介します!

例えば……

・小麦粉のかわりに地粉や米粉を使ってもOK!

・砂糖を羅漢果や甘酒、てんさい、黒糖などに変えると、よりヘルシーに!

・あるいは砂糖を使わず、カレーを作る時に玉ねぎを多めに入れて、じっくり炒めることで甘みを出す。

このように、使用する素材をヘルシーなものに代替することで低カロリーに抑えることが可能。

他にも、有機スパイスのカレーパウダー使う方法もあります。素材を自由に選べることが、手作りカレールーの醍醐味ともいえますね!

また、家族の健康を考えて、無添加の油を使ってみるのも良いですよ。

 

■手作りカレールーの作り方

画像:川尻裕紀

<材料>

小麦粉(地粉・米粉でもOK)・・・110g

油・・・100g

トマトピューレ・・・75g

砂糖(羅漢果・甘酒・てんさい・黒糖などでもOK)・・・ 40g

カレーパウダー・・・辛口40g、 甘口20gを目安にお好きな配分で

塩・・・35g

醤油・・・30g

昆布パウダー・・・小さじ2

にんにく・・・2片

生姜・・・1片

<作り方>

(1)小麦粉と油を、火をつける前にフライパンでよく混ぜておく。

(2)(1)を中火で、もったりとしてくるまで火にかける。

(3)(2)に塩、昆布パウダー、砂糖、カレーパウダー、生姜、にんにく、トマトピューレ、醤油の順に入れ、その都度よく混ぜる。

(4)さらに混ぜ合わせ、ぽってりしてきたら熱いうちに容器に入れて保存する。

画像:川尻裕紀

これでルーの完成。保存して3日目くらいからが美味しいですが、すぐに食べることもできます。

また、冷蔵庫に入れておけば1か月くらい保存できるので、 作り置きしておくと便利ですよ!

 

素材にこだわれば、ヘルシーなカレーを食べることができます。ぜひ、オリジナルの手作りカレールーを作ってみてくださいね。

 

【取材協力】
※ 川尻祐紀・・・1級ローフードマイスターとして活躍中。

【画像】
※ 川尻祐紀
※ blanche / PIXTA(ピクスタ)
※ jun / PIXTA(ピクスタ)