CUCURU(ククル) > ライフスタイル > おせちの美味しさ倍増!お正月は手作りオリジナル箸袋が喜ばれる

おせちの美味しさ倍増!お正月は手作りオリジナル箸袋が喜ばれる

画像:夏目佳代

お正月と言えばおせち料理ですね。既に準備が整っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

とはいえお料理はバッチリだけど、お箸袋にまでこだわる方は少ないのでは。せっかくなら、お箸袋もお正月らしく華やかなものを用意して、気分を上げてみてはいかがでしょう。

そこで今回は、簡単にできて可愛いお箸袋の作り方をスクラップブッキング講師の筆者が伝授いたします。

 

■まず、箸袋の本体を作りましょう

(1)まずはお好きなペーパーを縦11.5cm、横16.5cmにカットしてください。

画像:夏目佳代

(2)4cm、4cm、3.5cmの間隔で横に折り目を入れ、三つ折りにします。

画像:夏目佳代

画像:夏目佳代

(3)一番上になる部分の右端を45°の角度で斜めにカットしましょう。

画像:夏目佳代

 

■次に新年らしく華やかにデコレートします

(1)色の違うペーパーを、ピンキングバサミやウエーブにカットできるハサミなどで切り、一番上のペーパーに縁取りを付けます。ウエーブにカットできるハサミは文具店やクラフトショップなどで購入できます。

画像:夏目佳代

角の部分はこのように折り返すときれいですよ。

画像:夏目佳代

(2)パンチで好きな形に抜きましょう。今回は新年用ということで梅の花にしました。

画像:夏目佳代

(3)本体に取り付けます。この時にお花を重ねて厚みを出したり、葉っぱが本体より少し飛び出していたりした方が、立体感が出て可愛いです。左端を1cm後ろに折り曲げたら完成です。

画像:夏目佳代

 

■柄のついたペーパーで作れば、幅広いシーンで使えます

こんな模様の入ったペーパーで作れば、おしゃれで洋風のお料理にも合いますよ。

画像:夏目佳代

ラメの入った光るタイプのシルバーのペーパーでリボンを作り、キラキラしたストーンをお箸の入れ口付近に取り付けました。ちょっと大人っぽくモダンな仕上がりになります。

画像:夏目佳代

また、ハート柄で作れば、とってもラブリーで、お正月だけでなく女子会やホームパーティーでも使えますね。こちらはお箸の入れ口をやさしい感じになるようにアール型にカットしました。

画像:夏目佳代

 

いかがでしたか。オリジナルの手作りお箸袋でおもてなしすれば、お客様も喜んでくださること間違いなしですね。

とっても簡単にでき、自分でデザインを考えるのも楽しいので、新年に向けてぜひ作ってみてください。冬休みにお子さまと一緒に作るのも楽しいですよ。

 

【画像】

※ 夏目佳代

Recommend今あなたにおすすめ