CUCURU(ククル) > 美容・健康 > いつものケアじゃダメ!? 正しい乾燥肌対策をプロに聞いてみた

いつものケアじゃダメ!? 正しい乾燥肌対策をプロに聞いてみた

画像:cafeくろねこ

寒さが厳しくなるにつれ、悩ましいお肌トラブルの一つが“乾燥”。困っているのは筆者だけではないはず!

保湿をしてもなかなか改善されない……今回はそんな悩みを解決すべく、実は勘違いされていがちな冬の乾燥肌対策を、お肌のプロにインタビューしてきました。

お話をお伺いしたのは、名古屋に本社を構え、東海エリアから幅広く展開しているメナード化粧品の代行店店長のお二方、小尻奈緒さんと山田歩衣さん。(以下、小尻、山田と表記)

ぜひ、乾燥肌対策の参考にしてください。

 

■乾燥肌には保湿の前に汚れ落とし!?

筆者:見ての通り……この乾燥肌にアドバイスをいただけますか?

小尻:まず、ご自身でのお手入れは何をされていますか?

筆者:保湿に気をつけていますが……。

小尻:そうですね、乾燥肌=保湿と考えがちですが、実はその前にもっと大事なケアがあるんです。それは“汚れ落とし”! 乾燥を防ぐには、まず毛穴の蓋を取って汚れを落とすことが基本です。

筆者:汚れとはメイクのことですか?

小尻:メイクももちろんですが、メイクをしなくても、日々汚れはついているんですよ! 排気ガスやたばこの煙、調理の際に飛んでくる油などもです。そういった油性の汚れを取るのがクレンジングです。メイクをされない方も毎日してくださいね。

 

■効果的なクレンジング&ウォッシング方法

山田:冬のクレンジングとしてオススメなのが、クリームタイプです。一般的なオイルタイプでは取り過ぎてしまいがちな油分をほどよく残しつつ、毛穴の汚れをしっかり落とせます。冬の間だけでもクリームタイプにすると保湿力に差が出ますよ!

使い方も簡単で、優しくマッサージをしてクリームのベタベタ感がオイルのような手触りに変わったら、汚れが落ちたサインです。自分の手で実感できるので分かりやすいですよ。

次に垢などの水性の汚れを取るのがウォッシングの役目です。ウォッシングにも冬の乾燥を悪化させない方法があるんです。それは、よりきめ細かい泡で、顔にのせる時間を短くすること!

泡が細ければ細いほど、短時間で古い角質等をさっと浮かせられます。泡立てネットを使っている方も、その目の粗さまでしか細かくなりませんので、さらに手でしっかり泡立ててから、ふわっとなでるようにつけて洗い流すのがポイントです。

画像:メナード化粧品 うぱーぷる鹿末代行店

筆者:お肌に負担をかけずにきちんと汚れを落とすことが乾燥肌対策になり、そうやってキレイにしてから保湿をすれば、憧れのプルプル肌に近づくんですね!

 

■メイク用品も冬用に衣替え

小尻:でもせっかくのお肌になれても、メイクで乾燥したらもったいないですよね!? 服の衣替えと同じようにメイク用品も季節にあったものを選びましょう。

山田:保湿成分の入ったベースメイクに変えるだけでなく、女優さんやモデルさんを見ていて気づくように、流行りは“練り用品”の使用です。

画像:cafeくろねこ

こちらのハイライト、チーク、リップ、アイライナーは、全てリキッドやクリームで作られています。こういったタイプのもので乾燥を防ぎながら、トレンドメイクを楽しんでみてください!

 

参考になりましたでしょうか。自宅での正しい基本の実践でこの冬、乾燥肌にお別れをして、うるツヤ肌を手に入れましょう!

 

【取材協力】

小尻 奈緒・・・メナード化粧品 るならぴす宝代行店(愛知県海部郡蟹江町)店長
URL: http://www.menard.co.jp/sp/shop/detail/00589543s/

山田 歩衣・・・メナード化粧品 うぱーぷる鹿末代行店(愛知県蒲郡市形原町)店長
URL: http://s.ameblo.jp/maittaze1539

 

【画像】

※ cafeくろねこ

※ メナード化粧品 うぱーぷる鹿末代行店