CUCURU(ククル) > グルメ > ※ 閉店 名古屋の絶品パン屋『極み』のメロンパンが最高!1日800個売れたことも

※ 閉店 名古屋の絶品パン屋『極み』のメロンパンが最高!1日800個売れたことも

画像:大橋千珠

2016年の11月に、愛知県名古屋市・北区にオープンした『北海道香熟パン極み』。北海道の厳選材料を使った『極み』食パンが絶品なパン屋さんです。

リピーターも多く人気の高い『極み』が、名古屋市・西区に2号店を出店したとのこと。早速突撃しました!

 

■「北海道」にこだわりあり!2号店限定バゲットもあり

画像:大橋千珠

『極み』の人気のワケは何といっても、こだわり尽して作られた“食パン”にあります。

看板商品でありお店の名前にもなっている『極み』(1斤700円)は、一度食べたらまた食べたくなる、今までにない極上の食パンです。

材料に使われている小麦粉や生クリーム、フレッシュバターは全て北海道産。作っているパン職人の方で北海道出身というこだわりっぷり。コクがあるのですが、ヨーグルトも入っているのですっきりした後味ですよ。

画像:大橋千珠

2号店では『極み』『極めろん』を含め、2号店限定のバゲット『剣(プレーン)』『勲(ベーコン)』『酪(チーズ)』『明太(明太マヨ)』も販売されています。食パンの『極み』とは全く違った食感・味わいで、噛めば噛むほど味わい深いです。

画像:大橋千珠

筆者は『酪』を頂きました。チーズがゴロゴロ入っています! 食べ応えのあるボリューミーなバゲットは、朝ごはんやランチにもピッタリですね。

 

■『極めろん』(1個180円)は1日800個売れる日も

画像:大橋千珠

1号店、2号店ともに人気の『極めろん』(1個180円)は、店頭では1日480個以上売れる人気商品。百貨店の催事では1日800個も売れたことがあるんだとか!

人気の秘密はパン生地にありました。『極み』の生地を使っており、しっとりしているのですが、かじるとふわっとほぐれるような食感。クッキー生地のカリッとした食感との相性も抜群です。優しい甘さがたまらない一品でした。

画像:大橋千珠

他にも『極ちょこめろん』(1個220円)は、カカオ風味豊かなクッキー生地にコロコロとしたチョコレートが入っており、とっても濃厚な味わい。チョコ好きにはたまらないパンですね。

 

■絶品スイーツも見逃せない!

2号店では、『KIWAMI sweets』のスイーツたちも購入することができます。北海道のパティシエが作るスイーツたちは、どれも絶品です。

KIWAMIろーる プレーン(1カット320円、ホール1本1600円)

画像:大橋千珠

ふわふわなスフレ生地は、もっちりとしていながらも非常に軽い口当たり。また、脂肪分の違う生クリームをブレンド生クリームはコクがあるのにすっきりした味わいです。2個3個と食べられますよ。

KIWAMIろーる 朱鞠(1カット360円、ホール1本1600円)

画像:大橋千珠

こちらは、生クリームにあんこをミックスした一品。名古屋人好みな味わいは、店頭でも人気の商品なんだとか。

KIWAMIぷりん(1個360円)

画像:大橋千珠

特殊製法で焼き上げたというこちらのぷりんは、舌触りがとっても滑らか。ぷりんの上には甘さ控えめな生クリームが乗っており、良いアクセントになっています。

また、カラメルソースが別でついてくるので、好きなタイミングでかけて食べることができますよ。ぷりんは濃厚でコク深い味わいですが、甘すぎないのがうれしいですね。

他にもお客さんの声をどんどん取り入れスイーツを開発中だそうですよ。今後はKIWAMIろーるに西尾の抹茶も仲間入りするそうです。

 

いかがですか?

超人気の『極めろん』を食べたい方、リピーター続出の『極み』を食べたい方、特殊製法で作られた絶品スイーツを食べたい方、ぜひ訪れてみてくださいね。

<店舗情報>
北海道香熟パン極み KIWAMI sweets 2号店
住所:愛知県名古屋市西区江向町4-25
電話:052-325-6720
営業時間:10:00〜19:00
定休日:木曜日
※ この記事は2017年12月時点の情報です。

【画像】
※ 大橋千珠