CUCURU(ククル) > グルメ > コスパ最強の「五平餅」とは!? 来春の朝ドラロケ地・岐阜県恵那市で発見

コスパ最強の「五平餅」とは!? 来春の朝ドラロケ地・岐阜県恵那市で発見

画像:野村純子

寒くなるとふと食べたくなるのが、あつあつ焼きたての“五平餅”! みなさんはご存知ですか? “五平餅”とは岐阜県をはじめとした中部地方に古くから伝わる郷土料理です。

味や形は店ごとに特徴があるので、筆者は五平餅を食べるために岐阜県恵那市に行き、食べ比べを楽しみます。

今回は、来年春からの“朝ドラ”の撮影が始まっている大注目の恵那市岩村町で、五平餅がおいしいお店をご紹介します。

 

■2種類の形…「五平餅」ってそもそも何?

画像:野村純子

五平餅は岐阜県を中心に、長野県、愛知県奥三河などで、ご当地グルメとして食べることができます。催事場や高速道路SA、自宅で焼いて食べるおみやげ品では小判型をよく見かけます。

一方の岐阜県恵那市では小判型とだんご型が混在し、岐阜県中津川市ではだんご型が多いそうですよ。

ごはんの粒が残るくらいの餅に、クルミ等が入ったみそ、またはしょうゆベースのたれをからめて焼いているのですが、“みそカツ”や“みそ煮込み”とは別物なので、名古屋グルメが苦手な方にもオススメです。

 

■絶対行くべき!五平餅の人気店『あまから岩村店』

画像:野村純子

名古屋からは車で1時間半ほど、明智鉄道岩村駅から徒歩3分の『あまから岩村店』。地元の方もオススメするお店で、岩村城の城下町でもある“古い町並み”の一角にあります。

画像:野村純子

こちらの五平餅はだんご型で、ごまやクルミが入った“あまからい”しょうゆベースのたれを絡めて焼きます。

こんがり香ばしい香りで、熱々焼きたてをいただきます。そして、なんと1本100円! 焼けるのを待っている間にもどんどんお客さんが来ていました。

 

■朝ドラロケ地にも!レトロな城下町はまるでタイムスリップしたみたい

画像:野村純子

『あまから岩村店』から町並みを100メートルほど歩くと、昭和レトロな看板が映画セットのように並び、人の行き来も多くなります。

この辺りは2018年の4月に始まる連続テレビ小説(朝ドラ)のロケ地になっており、すでに撮影が始まっているとのこと。今後ますます人出が増えそうです。

愛知県民の筆者は「恵那と言えば恵那峡」と思っていましたが、まだまだ見どころの多いエリアですよ。

 

いかがですか?

みなさんもぜひ五平餅を食べて、地域を散策してみてくださいね!

 

<店舗情報>

あまから 岩村店

住所:岐阜県恵那市岩村町1575-2
電話:0573-43-2035
営業時間:9:30~18:30
定休日:月曜日(祭日の場合は火曜日)
※ 他に恵那本店、瑞浪支店があります。

 

【参考】

※ 朝ドラ「半分、青い。」 岩村でロケ公開 – 岐阜新聞

 

【画像】

※ 野村純子