CUCURU(ククル) > グルメ > ちっちゃくてホクホク!初心者でも簡単な「むかご」レシピ2つ

ちっちゃくてホクホク!初心者でも簡単な「むかご」レシピ2つ

画像:ぬかちゃん

愛知県・奥三河エリアにある、岡崎市・額田地区。大自然に囲まれており、四季折々の景色や食べ物が楽しめる豊かな地域ですが、ちょうど旬を迎えているのが“自然薯”(じねんじょ)。

そこで今回は、そんな自然薯……ではなく、自然薯の赤ちゃん“むかご”をご紹介。馴染みのない方も多いかもしれませんが、とってもおいしいんですよ!

 

■「むかご」って……何!?

自然薯といえば、地面に埋まっており、掘り起こして収穫しますよね。とろなどにして食べるのが主流。

画像:ぬかちゃん

実は自然薯の収穫前、地面ではなく地上の“蔓”に種芋ができるんです。それが、自然薯の赤ちゃん“むかご”。自然薯をはじめとした“山芋”の葉っぱの中を探すと、大小様々なむかごがいます。

絵本『14ひきのやまいも』でもむかごは登場していますので、ご存じの方もいるかもしれません。しかし、自然薯に比べればやはり、あまり馴染みのない食材ですよね。

そこで、“むかごビギナー”さんにもオススメな、簡単で食べやすいレシピを2つご紹介!

 

■1:むかごの炊き込みご飯

画像:ぬかちゃん

<材料>

むかご・・・100g

米・・・3合

顆粒だし・・・小さじ1

塩・・・小さじ1

<作り方>

(1)むかごをザルに入れ水洗いし、土やゴミを取り除きます。

(2)ボールに洗ったむかごと塩(分量外)を入れてゴリゴリと擦り合わせ、土臭さをとります。

(3)塩もみをしたむかごを水洗いし、ざるで水気を切ります。

(4)炊飯器に洗米と分量通りの水、顆粒だし、塩を入れ軽く混ぜます。むかごを加えて炊飯スタート!

(5)炊きあがったら10分蒸らすため、少し我慢したら完成。

むかごの王道メニューと言っても過言ではありません。ほくほくとしたむかごの味わいが楽しめますよ!

 

■2:むかごのかき揚げ

画像:ぬかちゃん

<材料>

むかご・・・200g

揚げ油・・・適量

<天ぷら衣の材料>

小麦粉・・・大さじ3

片栗粉・・・大さじ1.5

塩・・・ひとつまみ

<作り方>

(1)むかごをザルに入れ水洗いし、土やゴミを取り除きます。

(2)ビニール袋に天ぷら衣の材料をすべて入れ、口を閉めて振り、混ぜ合わせておきます。

(3)ボールに水気を切ったむかごを入れ、天ぷら衣の材料を入れ全体にまぶします。

(4)水を少量ずつ加え、少し粉っぽさを残す程度に混ぜ合わせましょう。

(5)170~180度の油に大さじ1杯ほどの量で揚げればできあがり!

できあがったら、ぜひ揚げたてで食べてみてくださいね! お好みでカレー塩、明太マヨネーズなどをつけるのもオススメです。

 

いかがですか? 意外と簡単に調理できるむかご。

スーパーなど、店頭で見かけたときはぜひ試してみてくださいね。

 

【参考】

※ いわむらかずお(1984)『14ひきのやまいも』(童心社)

 

【画像】

※ ぬかちゃん

Recommend今あなたにおすすめ