CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 「まごわやさしい」にヒントあり!体のためにとるべき食べ物とは

「まごわやさしい」にヒントあり!体のためにとるべき食べ物とは

画像:yoneko / PIXTA(ピクスタ)

食事はバランス良くとるのが大事……とよく聞くものの、正直何をどのくらい食べたらいいのか、あまりよく知らないですよね。実はそれを示す“まごわやさしい”という言葉があることはご存知でしょうか。

今回ご登場いただくのは、愛知県名古屋市で東邦ガス料理教室講師を務め、ご自宅で料理教室『Akko’s kitchin』を主催している井上亜希子さんです。日本ならではの体に優しい食事のあり方や作り方も教えていただきます。

今回は“まごわやさしい”について教えていただきます。

 

■最近よく聞く「まごわやさしい」とは?

体のための食事、何を食べたらいいんですか?

「皆さんそこが知りたいですよね。今食育で“まごわやさしい”、最近だと“まごわやさしいよな”と言われていますよね。

ま・・・豆

ご・・・ごま

わ・・・ワカメ

や・・・野菜

さ・・・魚

し・・・しいたけ

い・・・いも

です。ちなみに、“よ”はヨーグルト、“な”はナッツ類です。でも、“まごわやさしい”だけでも十分ですよ」

これを全部バランス良く食べるということですか?

「はい。バランス良く食べるのが大事です。よく“これがいいよ”って聞くと、そればかり食べる方もいらっしゃいますが(笑)これをバランス良く食べましょうという考え方が昔から日本では伝わっていたんです」

理想としては毎日とるのがいいですか?

「そうですね。一日の食事の中で取り入れていけば、不自然なものは体に入らないんですよね」

 

■たくさんの種類の野菜よりも「旬」なものを

『Akko’s kitchin』井上亜希子さん
画像:CUCURU編集部

肉は入っていないんですね?

「肉もタンパク質として大事なんですが、そんなにたくさんとらないほうがいいという考えです。もし肉をとるのであれば、その3倍くらいの野菜をとっていただくのをおすすめします。あとは食べ方として酵素が大事なので、お野菜から食べるとか」

なるほど。では野菜も何種類かとらないとだめですか?

「できればそうしてもらいたいですが、これからの時期は体を冷やさないように温野菜にしてあげるのがいいですね。軽く茹でたり蒸したりなど加熱しすぎない調理法がおすすめです。

正直たくさんの種類を食べるのは難しいと思うんですよ。お値段のこともありますし。なので、一番おすすめなのは旬なものを食べていただくことです。

よく言われていると思うんですが、スーパーに行く際も、今の時期何が一番旬なのかを考えながら手に取っていただきたいですね」

今の時期は冬野菜が旬ですが、そういうものをとっていただくのがいいですか?

「そうですね。寒くなってくると体が縮こまってしまうので、根野菜など体が温かくなるものをとってください。あとは、“一汁三菜”とも言いますが、それを知っていただくだけでもバランス良く食事がとれると思います。

肉も野菜も食べすぎではなくバランスが重要です。年齢や体力に合わせてどれも食べすぎに片寄るのではなく、バランスよく季節のものをチョイスして、よく噛んで食べてくださいね」

 

いかがでしょうか? 昔から伝わる“まごわやさしい”“一汁三菜”といった言葉は、実は食事をバランス良くとる上でとても大切だったんですね。日常から食べるものを意識して過ごしていきたいですね。

 

『キラママ de CUCURU』は、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【11月13日(月)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

井上 亜希子(いのうえ あきこ)

東邦ガス料理教室講師ほか自宅教室 Akko’s kitchin主催。ブログ:https://ameblo.jp/akko15kitchin/

 

<番組情報>

CBCラジオ キラママ de CUCURU

東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。

放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://blog.hicbc.com/radio/kiramama/

 

【画像】

※ yoneko / PIXTA(ピクスタ)

※ CUCURU編集部