CUCURU(ククル) > グルメ > カップラーメンに使うと美味しい!驚くほどカンタンな「昆布だし」のとり方

カップラーメンに使うと美味しい!驚くほどカンタンな「昆布だし」のとり方

画像:PAKUTASO

最近じわじわとブームになっている、“だし”。お惣菜やインスタント食品、お菓子にも“だしが効いている”商品がどんどん登場していますね。

和食に欠かせない“だし”ですが、「だしのとり方が分からない」「顆粒だししか使ったことがない」という声をよく聞きます。

そこで今回はそんなお悩みを解決! だしを知り尽くした“だしソムリエ”の筆者が、とってもカンタンな昆布だしの取り方を伝授します。

 

■世界一カンタン!? 昆布だしの取り方

<材料>

昆布・・・15グラム

水 ・・・1リットル

<作り方>

(1)昆布の表面についているホコリをキッチンペーパー等でサッと払います。白い粉は“マンニット”と呼ばれるうま味成分なので拭き取らないよう注意!

画像:スズキカオリ

(2)タッパー等に水と昆布を入れ、冷蔵庫で一晩(約8時間)浸けましょう。

画像:スズキカオリ

(3)一晩浸けたら昆布だしの出来上がり! 昆布は取り出しておきます。

画像:スズキカオリ

いかがですか? とってもカンタンですよね!

作った昆布だしは、冷蔵庫で2~3日保存できます。冷凍する場合は、2週間を目安に使いましょう。

 

■昆布だしを使おう!5分で出来る「フワたまスープ」レシピ

昆布だしがあれば、手間をかけなくてもすぐにおいしい一品が作れます。

今回は、水出し方法で作った昆布だしを使った『フワたまスープ』をご紹介。たった5分で本格的な一品料理が作れますよ!

画像:スズキカオリ

<材料(2人分)>

昆布だし・・・500ml(2と1/2カップ)

たまご ・・・1個

薄口醤油・・・大さじ1

<作り方>

(1)鍋に昆布だしと薄口醤油を入れ火にかけます。

(2)沸騰したら溶き卵を入れ、火が通ればできあがり! お好みでネギやブラックペッパーをどうぞ。

 

■昆布だしは「カップラーメン」にも使える!?

昆布だしは、和洋中に使えるとても便利なだし。

最近では、パスタを茹でるときに昆布だしを使うイタリアンのシェフもいるそう。「うま味が増す」と、洋食界でも注目されているのです。

昆布だしを常備しておけば、野菜のお浸しやお鍋、おでんなど色々なお料理に使えます。カップラーメンを昆布だしで作ると格段に美味しくなる裏ワザもぜひ試してみてくださいね!

天然素材から取るだしは、香りが立ちうま味が濃いので調味料も少量でOK。減塩にもつながり、離乳食にもオススメです。

 

一見難しそうな“だしの取り方”。実はとってもシンプルな方法で作ることができます。

みなさんもぜひ、手軽でカンタンな昆布だしをとってみてくださいね!

 

【画像】

※ PAKUTASO

※ スズキカオリ