CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 柔道修復師が教える!肩こりに悩む人のための「肩・首のストレッチ」3つ

柔道修復師が教える!肩こりに悩む人のための「肩・首のストレッチ」3つ

画像:岡本屋

仕事や育児などで肩こりに悩んでいる方も、多いのではないでしょうか? そんな方にオススメしたいのが、肩・首のストレッチ。

そこで今回は年間1,000人以上の来院がある『岡本屋』代表であり、柔道整復師である岡本治之先生に、家で簡単にできる“肩こりのストレッチ”を3つご紹介します。日ごろから肩や首に対するストレッチを行い、悪化のリスクを下げながらリフレッシュしましょう!

 

■1:首のストレッチその一

人間の頭は想像している以上に重たく、成人で約5kgほどあると言われています。

5kgの重量を常に支えている首には日々負担をかけていますので、しっかりと首のストレッチをしてコンディションを整えていきましょう。

(1)耳の少し上に手をかけます。

画像:岡本屋

(2)息を吐きながら軽く反対側に引っ張り、首をストレッチ。

画像:岡本屋

(3)自然な呼吸を心がけながら、ゆっくりと声を出して10を数えます。

(4)反対側も同様に行いましょう。

いかがですか? なお、首はとってもデリケートな部分のため、あまり強くストレッチをし過ぎないようにして注意しましょうね。

 

■2:肩のストレッチその二

続いては方のストレッチ。

岡本先生によれば、肩に位置する僧帽筋は腕と体をつなぎ合わせる働きを持っているので、腕の影響を強く受けるとのこと。

ママであれば、お子さんを抱いたり家事をこなすうちに、どんどん固くなる部分です。

(1)背中側で伸ばしたい側の手首を持ちます。

画像:岡本屋

(2)腕を引っ張りながら首を横に倒し、肩をストレッチ。

画像:岡本屋

(3)自然な呼吸を心がけながらゆっくりと10を数えます。

(4)反対側も同様に行いましょう。

 

■3:胸のストレッチ

最後は胸のストレッチです。

肩こりに悩んでいる方の中には、猫背等の姿勢の悪さからきている方もいるんだそう。胸の筋肉がコリ始めると背中が丸くなりやすくなるので、こちらもしっかりストレッチをしましょう。

(1)脚は肩幅に広げ、壁の近くに立ちます。

(2)腕を肩の高さにまで上げ、肘を曲げて壁で支えます。

画像:岡本屋

(3)ゆっくりと体を回しながら、胸の筋肉をストレッチします。

画像:岡本屋

(4)自然な呼吸を心がけながら、10を数えます。

 

いかがでしょうか?

簡単にできる、肩こりのストレッチ3つ。

テレビなどを観ながら、空いた時間に簡単にできますよ! ぜひ実践してみてくださいね。

 

【取材協力】

※ 岡本治之先生・・・接骨院『岡本屋』を経営する柔道整復師。年間1,000人以上の来院者を診察する。

 

【画像】

※ 岡本屋