CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 入場無料の地域も!犬山市『日本モンキーパーク』を楽しむコツ

入場無料の地域も!犬山市『日本モンキーパーク』を楽しむコツ

画像:@NamI

愛知県犬山市にある有名なテーマパークと言えば、『日本モンキーパーク』。東海地方の皆さんならば一度は訪れたことはあるのではないでしょうか。

大人が楽しめる絶叫マシンから、小さな子でも乗れる乗り物がたくさんあり、公園みたいな遊具がある場所や室内で遊べる場所も充実していて一日中楽しむことができます。

今回は、年末年始のおでかけに必見な『日本モンキーパーク』をお得に楽しく利用するポイントをお伝えします!

 

■駐車場はちょっと遠い方が安くて便利

モンキーパークから近ければ近いほど料金が高くなるものの、パークの駐車場はすぐに満車になります。

そのため、ちょっと離れたところで車を停めて歩いた方が、時間の短縮になります。帰りは遊び疲れてしまった場合は、パパが車を歩いて取りに行って、ママたちはお迎えしてもらうなど、工夫してみると良いです。

 

■『若い太陽の塔』が一望できる

モンキーパーク内には、世界の巨匠、岡本太郎氏が、大阪万博の1年前1969年に製作した『若い太陽の塔』があり、見学することができます。2011年10月より、当初の姿にリニューアルし常設公開をしています。

高さが26メートルで展望台は7メートルの位置にあり、濃尾平野や木曽川などの大自然が望めます。おじいちゃんおばあちゃんは大阪万博を知っているから懐かしむかもしれません。3世代で遊びに行っても楽しめるのが嬉しいですね。

 

■1月~3月は在住地域によって無料で入場できる日がある!

画像:@NamI

なんと『日本モンキーパーク』に、お住まいの地域によっては無料で入場できる日があるんです。在住を証明できるものを提示すると、お1人の証明につき2名様まで入場可能。

対象の各市町・対象日は以下をチェックしてみてください。

1月1日(日)~ 3日(火) 犬山市
1月4日(水)~ 7日(土) 各務原市
1月8日(日)~ 10日(火)・13日(金) 江南市、笠松町
1月14日(土)~ 17日(火) 一宮市、坂祝町
1月20日(金)~ 23日(月) 豊山町、岐阜市、御嵩町
1月24日(火)・27日(金)~29日(日) 可児市、美濃加茂市、岐南町
1月30日(月)・31日(火)、2月3日(金)・4日(土) 小牧市、あま市、八百津町

2月5日(日)~7日(火)・10日(金) 春日井市、日進市、川辺町
2月11日(土)~14日(火) 稲沢市、瀬戸市、羽島市
2月17日(金)~20日(月) 岩倉市、尾張旭市、多治見市
2月21日(火)・24日(金)~26日(日) 北名古屋市、関市、土岐市

3月4日(土)~7日(火) 扶桑町、大口町、七宗町
3月8日(水)~11日(土) 名古屋市

※ 世界サル類動物園・各のりもの・駐車料金等は別途料金必要

 

 

■隣接する『世界サル類動物園』もオススメ

画像:@NamI

『世界サル類動物園』は世界にも数少ないサル専門の動物園で、『日本モンキーパーク』と隣接しています。

2014年4月に『世界サル類動物園』と『日本モンキーセンター』が分離されてしまい、入場料も別になってしまったのですが、時間に余裕があるならばこちらもぜひ訪れてみてください。

その中でも筆者のお気に入りは、『Waoランド』と『モンキースクランブル』。

画像:@NamI

『Waoランド』はワオキツネザルが身近で見れて可愛いです。また、『モンキースクランブル』は猿が頭上を行き来して、飽きずにずっと見ていられます。

 

いかがでしょうか? 年末年始のおでかけの候補に検討してみてくださいね。

 

 

<施設情報>

日本モンキーパーク

住所:愛知県犬山市大字犬山字官林26
TEL:0568-61-0870
入園料:おとな(中学生以上)1,100円、こども(2才以上)600円
HP:http://www.japan-monkeypark.jp/
※営業時間・休園日情報はHPをご覧ください。

 

世界サル類動物園

住所:愛知県犬山市大字犬山字官林26
TEL:0568-61-2327
入園料:大人(高校生以上)600円、小中学生400円、幼児(3歳以上)300円
HP:http:/www.j-monkey.jp/
※営業時間・休園日情報はHPをご覧ください。

 

【画像】

※ @NamI

Recommend今あなたにおすすめ