CUCURU(ククル) > ライフスタイル > ダイソーの「ジョイントできる収納バッグ 」が便利!シーン別4つの使い方

ダイソーの「ジョイントできる収納バッグ 」が便利!シーン別4つの使い方

画像:BIBIKO

新しい年を迎える前にやっておきたいことは、大掃除!  生活用品や食品、家電の“目隠し収納”をしたい方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、筆者が特に便利だと感じた、100円ショップ『ザ・ダイソー』の“ジョイントできる収納バッグ”をご紹介! 機能や使い方の例を4つお伝えします。

 

■1:マジックテープ付きだから、連結させて「分別用ゴミ箱」に!

画像:BIBIKO

サイズは、35×35×50cm。ホワイトとブラックのモノトーンな星柄です。左右に持ち手が付いており、ちょっとした持ち運びにも便利。

同じく『ザ・ダイソー』で発売されている“ランドリーボックス”や“ストレージボックス”にも持ち手は付いていますが、この“ジョイントできる収納バッグ ”は、開け口の縁を折り返すとマジックテープがあり、バッグ同士を簡単に連結させることができるんです!

ゴミ袋もすっぽり入る大きさなので、この収納バッグの中をゴミ箱代わりにしても良さそうです。ゴミの種類の分だけ収納バッグを用意しておけば、連結して“分別用ゴミ箱”を作ることもできます。

 

■2:洗面所で「生活用品」をスッキリ収納

画像:BIBIKO

家族みんなが使用する洗面所には、生活用品などでモノが溢れがち。

そんなときはこの収納バッグを使って、トイレットペーパーや洗剤などのストックや、ハンガー、歯ブラシ、パックなどをまとめて収納 しちゃいましょう!

バッグを覗けば、一目で見て足りないものが分かるので買いすぎることもなくなります。

 

 ■3:ランドセルもすっぽり収納

画像:BIBIKO

子どもが毎日使うランドセル。筆者の自宅では、この収納バッグにランドセルを入れ、玄関におくようにしています。

上履きや折りたたみ傘なども一緒にバッグに入れておけば、子どもはそこから明日必要なものをランドセルに移すことが簡単に。

ランドセルの中身を出し入れするのは子ども自身ですから、“学校の荷物は収納バッグに入れる”と習慣づけておけば、物をなくしたり散らかしたりする心配もありませんね。

来客などがあるときは、収納バッグごと他の部屋に移動できるのも便利ですよ !

 

■4:「靴収納」に使えば、シーズンごとの仕分けが簡単に!

画像:BIBIKO

季節が変わり衣替えするように、靴もシーズンごとに仕分けして収納したいですよね。

そんなときにも、この収納バッグを使っちゃいましょう。シーズンオフの靴を靴箱に入れ、この収納バッグにいれるだけ。

“ヒール有り”“子ども靴”など収納バッグにタグをつけて収納しておくのも良いですね。

 

いかがですか?

今回は、100円ショップ『ザ・ダイソー』の“ジョイントできる収納バッグ”の収納アイデアをご紹介しました。

連結するだけでまとまった印象に見えますし、家族の誰が見ても分かりやすいですよ。ぜひ試してみてくださいね。

 

【画像】

※ BIBIKO