CUCURU(ククル) > グルメ > 秘伝のタレが絶品!日進市赤池の老舗『うな川』のお値打ちうなぎが凄い

秘伝のタレが絶品!日進市赤池の老舗『うな川』のお値打ちうなぎが凄い

画像:じゅの

間もなく『プライムツリー赤池』がオープンすることでも知られる愛知県日進市赤池町。そんな赤池エリアにおいしいうなぎ屋さんがあることをご存知ですか?

老舗うなぎ屋『うな川』は、地元で愛されているうなぎの専門店です。おいしいうなぎがお値打ちに食べられるとあって、土日には開店前から駐車場に車が並ぶほど。

というわけで今回は、実際にうな川に10年以上通っている筆者が、その魅力をご紹介しますね。

 

■あっさりだけどコクがある!創業以来の「秘伝のタレ」

定番であり人気メニューの『上丼 (税込2,700円)』は上だけでなく、中にもうなぎが隠れているという豪華な一品。

創業から受け継がれてきたタレは、あっさりとしていながらコクのある辛口のタレ。老舗ならではの味わいです。

焼き場で使用する炭は、地元の良質な愛知県足助産を使うこだわりぶり。外はカリッ中はふっくらと焼き上げたうなぎは、皮がパリッと香ばしいんですよ。

 

■「小ぶりサイズのメニュー」もあるのが嬉しい

撮影:じゅの

こちらは『まぶし(小)(税込2,200円)』。小ぶりでも、ちゃんとだしつゆがついているので、お茶漬けにしていただけます。

うな川には、うな丼にも(小)サイズがあり、1,400円でいただけます。

「たくさんは食べられないけれど、やっぱりお店で焼きたてのうなぎを食べたい」という、昔からの常連さんであるお年寄りのみなさんへのサービスなんだそうですよ。

 

■バリアフリーの行き届いた店内

画像提供:うな川

老舗らしい味わいのある佇まいの店舗は、店内通路がゆったりとしており、車椅子でも楽に通れます。

テーブル席も5卓用意されており、車椅子でも気兼ねせずに利用できるんですよ。こんな細やかな配慮も嬉しいですね。

地元で長く愛されリピーターが多い理由は、こんな心遣いにもあるのでしょう。

 

■帰りは農業センター散策も

画像提供:うな川

店舗は、名古屋市農業センター『delaふぁーむ』の近くにあります。家族連れが多いのもそのせいでしょうか。

おいしいうなぎを堪能したら、帰りに農業センターを散策するのもいいですね。農業センターでは牛や馬、珍しい鶏もたくさん見られますよ。

 

いかがですか?

プライムツリー赤池からも程近い『うな川』、ぜひみなさんも立ち寄ってみてくださいね。

 

<店舗情報>

うなぎ料理 うな川

住所:愛知県日進市赤池町モチロ61-220
電話:052-801-8092
営業時間 :昼11:30~14:30/夜17:00~20:30
定休日:月曜日、第3火曜
駐車場:21台

 

【画像】

※ じゅの

※ うな川