CUCURU(ククル) > グルメ > ブツ切りじゃもったいない!「エリンギの石づき」をムダなく切る納得の方法

ブツ切りじゃもったいない!「エリンギの石づき」をムダなく切る納得の方法

画像:大橋千珠

キノコを料理するとき処理に悩むのはやはり、軸の下の方にある“石づき”。

中でもエリンギは一体どこまで食べられるのか分からない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、野菜ソムリエの筆者がエリンギの石づきを切る位置をご紹介。さらに、切り方によるエリンギの食感の変化もお伝えしますよ!

 

■「エリンギ」の石づき、どこまで切ればいい?

画像:大橋千珠

メーカーによって石づきが付いてないエリンギもありますが、もし写真のように石づきが付いていた場合は、まずエリンギを1個ずつに分解します。

画像:大橋千珠

1個ずつバラバラにしてから石づきを切ります。

包丁で石づきをブツッと切ってもいいですが、よりムダのない切り方は“鉛筆削り”のように切る方法!

鉛筆を削るように斜めに包丁を入れて削ぎ切ります。このときあまり中心に歯を入れないこと。なるべく外側を削ぐイメージです。

画像:大橋千珠

このように削ぐと、ブツッと石づきを切ってしまうより捨てる部分が少ないですよ。

画像:大橋千珠

 

■食感を楽しむためには、繊維を活かして「縦切り」!

石づきを取り除いた後は、料理によって切り方を変えます。食感を楽しむためには繊維を活かして縦に切りましょう。

画像:大橋千珠

炒め物、煮込み料理などは特に、縦に切るのがオススメ。じっくり煮込んでも繊維を断ち切ってないのでくたくたにならずに素材の味を感じることができます。

画像:大橋千珠

縦に切ったエリンギは“八宝菜”に、しいたけの代わりとして入れてもおいしいですよ。

 

■歯切れ良くしたいなら、繊維を断ち切って「輪切り」!

繊維を断ち切ると、縦に切ったエリンギとは食感がガラッと変わります。お好みの厚さに輪切りします。

画像:大橋千珠

輪切りにすると繊維が断ち切られるので、お子さんでも食べやすくなりますよ。

画像:大橋千珠

輪切りにしたら、オリーブオイルをひいたフライパンで両面じっくり焼くと、甘みが出てとってもおいしくなります。塩胡椒で食べてもいいですが、何もつけなくてもエリンギの旨味を感じられますよ。

 

いかがですか? 意外に悩ましいエリンギの石づき問題。切り方に迷ったら鉛筆削りのように削いであげてくださいね。

石づきを切った後は、料理によって切り方を変えるとエリンギの食感をより活かせますよ。

 

【画像】

※ 大橋千珠

 

【関連記事】

※ 意外と悩む…「えのき」の石づきはココで切ればよかった!

※ 刻めば茎までおいしく!「ブロッコリー」をムダなく食べる方法

 見た目が美しい!キュウリを均一に千切りする超簡単な方法とは

※ バラして保存すると腐りにくい!? 「バナナ」をおいしく食べる3つの裏ワザ

※ ひっくり返してみて!「リンゴの食べ頃」を一瞬で見分ける目利きワザ