CUCURU(ククル) > ライフスタイル > その調味料の原材料知ってる?料理教室講師が伝えたい「料理のいろは」とは

その調味料の原材料知ってる?料理教室講師が伝えたい「料理のいろは」とは

画像:hungryworks / PIXTA(ピクスタ)

みなさん、普段使っている食材や調味料にどんな原材料がどれだけ使われているのをご存知ですか? 表示を見ずに買っている方が多いのではないでしょうか。

そこで今回ご登場いただくのは、愛知県名古屋市で東邦ガス料理教室講師を務め、ご自宅で料理教室『Akko’s kitchin』を主催している井上亜希子さんです。日本ならではの体に優しい食事のあり方や作り方も教えていただきます。

今回は井上さんの料理教室『Akko’s kitchin』で教えている“料理のいろは”についてお聞きしました。

 

■料理だけではない『Akko’s kitchin』で教えていること

「自宅の教室では、料理を作る以前の心構えとして愛情をこめて作ることが大前提なので、それを主に伝えてから調味料の話やお料理のいろはをお伝えしています」

愛情こめるのは得意ですが(笑)でも調味料の話では、どんなことを伝えているのですか?

「買う時のポイントとして、皆さん安いものを求めがちなんですが、高いから・安いからいいというわけではなく、原材料がどこで作られているのか、何が含まれているのかを見て買っていただきたいですね」

何を見たらいいんですか?

「商品のパッケージの表示を見てください。例えばお味噌だったら、大豆やお塩、麹でできているのですが、それ以外のものが入っていたら不自然になるんですよね」

でも市販のものって添加物など色んなものが入っているでしょ?

「そうなんですよ。なので自然食のお店で買わなければならないということではなく、まず“自分の目で見て確かめる”ことが大事であると伝えています」

そうか。あるいは必要以外のものがどれくらい入っているのかということを考えたうえで、選ぶということですね。

「そうです。まずは“知る”ということが大切ですね」

そうやって食材に対して興味を持って見るという習慣づけをすると、意識が変わるかもしれませんよね。

 

■「知る」という習慣がない人たちへの意識づけを

井上さんの教室では料理を始める前にこうしたことを教えているんですね。周りもやはり意識が高い人が多いんですか?

「いや、生徒さんのなかには調味料に対して全く興味がない方もいます。でもちょっとしたポイント、例えばお塩だとこんな作り方をしているのを選んだ方がいいですよ、とお伝えしただけで、帰りに“こんなにいっぱい入っていたものを買っていたんだ!”って気づいてくれることもあります」

そっか、“知らない”ということですね。よく見るから、知っているから、CMでやっているから買っているのであって、原材料を見る意識がもともとない人もいますよね。そういう人たちに気づかせてあげるのは重要かもしれないですね!

「はい。なので、普通の料理を教えるだけでなはなく、やっぱり愛する家族のために作るならいいものを使ってほしいので、そうした心構えを私の教室では教えています」

 

いかがでしょうか? 料理を作るうえで欠かせない調味料や食材。でも本当に大切な人たちのための料理であるなら、まずは“何が入っているのか”というところにも目を向けてみたいですね。

画像:CUCURU編集部

 

『キラママ de CUCURU』は、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【11月6日(月)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

井上 亜希子(いのうえ あきこ)

東邦ガス料理教室講師ほか自宅教室 Akko’s kitchin主催。ブログ:https://ameblo.jp/akko15kitchin/

 

<番組情報>

CBCラジオ キラママ de CUCURU

東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。

放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://blog.hicbc.com/radio/kiramama/

 

【画像】

※ hungryworks / PIXTA(ピクスタ)

※ CUCURU編集部