CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 年間5万円の税金が返ってくる!? 『確定拠出年金』が便利でお得な理由とは

年間5万円の税金が返ってくる!? 『確定拠出年金』が便利でお得な理由とは

画像:ぱくたそ

このタイトルでピンときましたか? ピンときたあなたは……既に始めていらっしゃいますね。

これ国の制度を使っているだけなんです。ご存知でしたか? 知らなきゃ損じゃありませんか? この制度、今年から20歳以上60歳未満のほとんどの方ができるようになりました。

というわけで今回は、そんなお得に積み立てができる方法をファイナンシャルプランナーの筆者がご紹介します。

 

■お得な積み立て『確定拠出年金』という制度

この仕組みは、『確定拠出年金』という国の年金制度です。

確定拠出年金は、企業型と個人型の2種類があり、個人型はiDeCo(イデコ)と呼ばれています。企業型と個人型は多少違いますが、目的は同じですし、効果もおよそ同じです。

もしかしたら、知らないだけであなたのご主人は、会社で『企業型確定拠出年金』に入っている方もいるかもしれませんね。

 

■確定拠出年金でどのくらいお得になるの?

実は、タイトルの「年間5万円の税金が返ってくる」は、年収が500万円の方をモデルにしています。

この方の場合は、毎月2万円の積み立てが全額所得控除となり、所得税と住民税が約5万円戻ってくるということなんです。

この所得控除というのは、所得税を納めている人に限っての優遇措置となります。もしあなたの年収がこれより少なければ、もう少し戻ってくる税金(儲け)が減りますし、逆に年収が高ければ戻ってくる税金(儲け)が増えます。

 

■『確定拠出年金』の始め方

では、実際にどのように『確定拠出年金』を始めるのでしょうか?

まず、金融機関で“60歳になったら引き出しができる自分専用の口座”を作ります。この口座の注意点は、預金口座と違って、1ヶ月167円以上(金融機関によって変わります)の手数料を払って使う口座になります。

その口座で毎月積み立てていった2万円で、“預金、保険、投資信託等”を購入していきます。通常、運用益や預金利息などは、20.315%税金が引かれているのですが、iDeCoで運用した場合は非課税なので利息を全額受け取ることができます。

そしていよいよ、60歳になったときに、今まで積み立てていった元本と利息を一時金で受け取ったり、年金で受け取ったりするのですが、ここでも税制優遇措置を受けることができます。

 

■どうしてそんなに税金が安くなるの?

なぜこんなに税金を安くしてくれるのでしょうか? 国はあなたに「老後の資金を作ってもらいたい」と思っているからです。

なので、60歳になるまで引き出すことができないよう設定されています。つまり、「60歳になったら使えるように、貯めておいてくれる口座を用意してくれている」とも言えますよね。

結局のところ、『確定拠出年金』は“国の優遇制度を使って、自分の手で効率的に、自分の豊かな未来(老後)を作っていくお金の育て方”です。

こんな優遇制度を上手に使って、ちょっと賢く、ちょっと楽して、しっかり増やした資産形成をしていってください。

 

いかがでしょうか? 今回お話ししたのは、“節税”のお話です。“運用”というとちょっと怖いなと思う方も、“節税”ならハードルが低いのではないでしょうか?

使わないともったいない制度です。やってみる価値はありますよ。

さくら総合法律事務所、確定拠出年金相談ねっと認定ファイナンシャルプランナーの竹内美土璃(みどり)でした。

 

【画像】

※ ぱくたそ