CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 脱げたり見えちゃったりするお悩みに!「フットカバー」の便利な着用術

脱げたり見えちゃったりするお悩みに!「フットカバー」の便利な着用術

画像:栗木史乃

朝晩冷え込んできましたね。寒くなってくると、気になるのは足元の“冷え”。

そんな足元の冷えには、フットカバーが便利です!

しかし、かかとだけが脱げてしまったり、パンプスからフットカバーが見えてしまったりと、お悩みの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、スタイリストの筆者が、オススメのフットカバーの選び方ととっさのときに使える裏ワザをご紹介します。

 

■1:「シームレス」「滑り止め付き」を選ぶ

画像:栗木史乃

フットカバーを選ぶときは、履き口に一周ぐるりと“滑り止め”が付いてる物がオススメ。

履いていてかかとが脱げてしまう方や、足のサイズが小さい方も脱げにくくなります。

また、ミシンで端の始末がされたフットカバーは、足のサイズの大きい方にはゴムの部分が痛く感じる場合も。靴ずれの原因にもなることもあるため、履き口に縫い代のない“シームレス(切りっぱなし)タイプ”が履き心地も良くなりますよ!

画像:

コスパ抜群の上、脱げにくいと話題なのが『3COINS』のフットカバー。L~LLサイズ(24~26cm)もあり、自分の足の大きさに合わせて選ぶことができますよ。

 

■2:「超浅履き」の物を選ぶ

画像:栗木史乃

パンプスをよく履く方は、“超浅履き”のフットカバーを選びましょう。

超浅履きならパンプスからも見えにくくなり、「フットカバーが見えてしまって折角のオシャレが台無し」ということも少なくなります。

足ふまず部分がさらに浅くカットされているものだと、サイドも見えにくくなりますよ。

 

■3:とっさのときには「履き方」を変えてみる

画像:栗木史乃

急いで出かける際に「慌てて靴を履いたらフットカバーが見えてしまっていた! でも履き替える時間がない……」という経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか?

画像:栗木史乃

そんなときは、親指と小指だけ脱いで履いてみましょう。パンプスの形によっては、親指だけや小指だけはずしてみても。

画像:栗木史乃

端の指をフットカバーから外すだけで、パンプスから見えにくくなります。写真でもほとんど見えていないですよね。

とっさのときには便利なこの履き方ですが、そのままの状態を他人に見られるとちょっと恥ずかしいので、靴を脱ぐ際はこそっと履き直しましょうね。

 

まさかのフットカバー着用方法、いかかでしたか?

いざというときとっても便利なので、ぜひ試してみてくださいね。

 

【画像】

※ 栗木史乃