CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 温泉・紅葉・パワスポ…今話題の「新城市」周辺で発見した魅力4つ

温泉・紅葉・パワスポ…今話題の「新城市」周辺で発見した魅力4つ

画像提供:新城市役所

みなさん、愛知県の奥三河『新城市』をご存知ですか?

実は見所いっぱいな新城市。愛知県名古屋市名東区・藤が丘から高速バスで80分で行くことができる気軽さもうれしいですね!

というわけで今回は、そんな新城市周辺の魅力をご紹介。なんでも、温泉やミネラルファンデーション作り体験スポット、パワースポットもあるんだとか!

 

■1:1300年の歴史ある温泉『湯谷温泉』

画像:新城市役所

8世紀初頭に創建した鳳来寺山には、名湯『湯谷温泉』があります。山あいに湧き出る湯谷温泉は、開湯が1300年前とされる歴史ある温泉なんだそう。

名古屋市内からも程近いというアクセスの良さから、女子会にも多く使われているんだとか。ゆったりとした時が流れる温泉を、名古屋から日帰りで楽しむことができますよ!

画像提供:新城市役所

湯谷温泉のある鳳来寺山では、11月10日(金)~11月30日(木)の間『鳳来寺山もみじまつり』も開催されるとのこと。

開催期間中はさまざまな催しも行われ、多くの人でにぎわいます。

 

■2:特産の良質なセリサイトで「ファンデーション作り体験」!

画像提供:新城市役所

新城市のお隣・東栄町は日本で唯一、化粧品用のセリサイト(絹雲母)がとれる場所。質が良く大手海外メーカーに輸出されるほどなんだとか。

そんなセリサイトを使った“ミネラルファンデーション作り”や“チーク作り”を体験することもできるんだそう。

自分専用のファンデーションを自分で作ることができるとあって、こちらも女性に大人気なんだそうですよ。

 

■3:強力な「パワースポット」や、「古戦場」も

画像提供:新城市役所

新城市周辺には豊かな自然が多く、『阿寺の七滝』や『鳴沢の滝』、『百間滝』といった滝が多いのも魅力のひとつ。

壮大な滝の数々は“パワースポット”としても知られ、たくさんの人が訪れるんだとか。

画像提供:新城市役所

そして新城市には、大河ドラマにも登場した『長篠の戦い』古戦場もありますよ!

毎年5月には『長篠合戦のぼりまつり』も開催されるそう。これまで50回以上も開催されている、歴史ある祭りです。

 

■4:名古屋から好アクセス。市役所が企画したバスツアーも!

新東名高速道路が開通したため、名古屋市名東区・藤が丘から80分ほどで行けるようになった新城市。

藤が丘から出ている高速バスも往復2,000円とお手頃。藤が丘~セントレア往復の空港バスが2,880円であることを考えると破格ですね。

しかも! 新城市役所が、市内の観光地とタッグを組み企画したバスツアーもあるんだとか。そんなタッグは全国でも類を見ないとっても珍しい取り組みなんだそうですよ。

画像提供:新城市役所

往復高速バスに高級ホテルでの昼食、そしてファンデーション作り体験が付いて1万円前後で楽しめるとのこと。

開催期間は2017年12月1日(金)~2018年3月30日(金)で現在予約受付中だそうなので、気軽に旅を楽しみたい方には良いですね。

 

いかがですか?

日帰りで気軽にトリップ……この季節には特にピッタリのスポットですよ!

 

【取材協力】

※ 新城市観光協会

 

【画像提供】

※ 新城市役所