CUCURU(ククル) > グルメ > ダイエット中でも安心!「パスタソース×豆腐」アレンジレシピ3選

ダイエット中でも安心!「パスタソース×豆腐」アレンジレシピ3選

画像:野村純子

自分自身や家族の健康を意識して献立を考えるのはなかなか難しいものですよね。

エステティシャンでもある筆者は、お客様から「お腹周りを気にしているけど、ヘルシー料理は家族ウケがイマイチ」「ダイエット中、自分用と家族用でわざわざ別メニューを作るのは面倒」といったお悩みをよく聞きます。

そこで今回は、ヘルシー食材‘‘豆腐’’を使った、手間暇かけず、家族みんなが満足できる一品を作るため、“即席パスタソース”を活用してアレンジしてみました。

 

■1:パスタ抜きで「家呑み」の一品に

画像:野村純子

豆腐ステーキに“たらこクリーム”をかけただけの簡単アレンジですが、パスタをタンパク質豊富な豆腐に変えることで、夕食の糖質を控えたいママや、パスタを一皿出されるよりお酒が進む“おつまみ”が欲しいパパも満足。子どもたちはパスタにかけて食べればOKです。

画像:野村純子

同じ要領で“和風きのこ”を使い、冷蔵庫にあるきのこや薬味を足しました。ソース1食分がなんと50kcal未満の商品もありますので、低カロリーおかずとしては優秀です。

ニンニクやスパイスを利かせれば、低カロリーな地味おかずから脱出できそうですね。

ただし呑み過ぎには注意してくださいね。

 

■2:チーズをのせて焼けば、糖質カットの「ミートドリア」も!

画像:野村純子

こちらは、ご飯ではなく水切りした豆腐に“ミートソース”と溶けるチーズをのせて焼いただけのミートドリアもどき。

「ミートソースは高カロリーなのでは?」と思われがちですが、商品の表示をよく見れば1人前120kcal程度なんです。しかも、パスタにかけるときのように絡まないので、ソースは半分でも多いくらいですよ。

 

■3:究極アレンジ!「ご飯がいらない」丼

画像:野村純子

パスタソースばかりではなく、レトルトの“丼の具”も豆腐によく合いますので、ついでにご紹介します。

豆腐に替えると咀嚼することが減ってしまうため、満腹感を得にくい方は大きめ野菜の具が入ったものをおすすめします。ショウガのすりおろしを加えると、体もぽかぽか温まりそうですね。

同様に“牛丼”を使えば、即席肉豆腐にもなりますよ!

 

いかがでしたか?

豆腐を使ったヘルシー料理というと、湯豆腐や鍋物になりがちなので、時にはパスタソースを利用して簡単アレンジをお試しくださいね。

ただし、主食をすべて豆腐にするなど極端な食事は避け、バランスのよい食事を心がけましょう!

 

【画像】

※ 野村純子