CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > この秋必見!隠れた紅葉スポット尾張旭の異空間『どうだん亭』

この秋必見!隠れた紅葉スポット尾張旭の異空間『どうだん亭』

朝晩冷え込むようになり、ひんやりとした秋の空気を肌で感じる季節になりました。食欲の秋、スポーツの秋、そして紅葉も楽しみたいものです! 今回は、尾張旭市の隠れた紅葉スポット『どうだん亭』をご紹介します。

 

■『どうだん亭』ってどんなところ?

愛知県尾張旭市に位置する『どうだん亭』をご存じでしょうか? 名前から、料亭や定食屋さんをイメージされそうですが……実はこんな場所なのです。

昭和17年、陶磁器輸出業を営んでいた浅井竹五郎氏の住宅離れとして、岐阜県飛騨市にあった合掌造り民家を改修・移築された日本家屋です。現在は建物の一部は、国の登録有形文化財に指定されています。

どうだん亭には、その名前の由来であるドウダンツツジが庭園に美しく咲き誇ります。実は、この庭園は謡曲「紅葉狩」をモチーフに造られており、「幸福(松竹梅)」の中で「鶴(飛び石と枯れ池)」と「亀(築山)」が群れ遊ぶ様子が表現されています。

 

ドウダンツツジの可憐な白い花が満天星のように咲く春、深緑まぶしい夏、庭園が赤く色づく秋、四季折々様々な表情を魅せてくれる美しい日本庭園なのです。

 

■まもなく開催“秋の一般公開”は必見!

期間中は事前申請不要、入場無料です。古き良き日本家屋の母屋に実際に入ることができ、敷地内の日本庭園は必見です!  ドウダンツツジ等の木々が真っ赤に色づく、この時期ならではの美しい眺めを是非楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

駐車場の数が限られるため、開催期間中は公共機関での来場がオススメです。

 

<開催概要>

とき:平成28年11月12日(土)~11月20日(日) 10:00~16:00

入場:無料

場所:どうだん亭 尾張旭市霞ヶ丘町南298

<呈茶>

とき:平成28年11月12日(土)及び11月20日(日)2日間 10:00~15:00

一席:400円

 

いかがでしたでしょうか。まるで小京都のような、異空間にスリップしたような……そんな尾張旭の隠れ家的空間『どうだん亭』。秋のお出かけスポットに是非加えてみてはいかがでしょうか?

一般公開以外では、ヨガのレッスンや茶道、結婚式の前撮り撮影等にも利用されています。こちらもチェックしてみてくださいね。

 

【参考】

どうだん亭 – 尾張旭市

 

【画像】

※ 田中 綾