CUCURU(ククル) > グルメ > 意外と悩む…「えのき」の石づきはココで切ればよかった!

意外と悩む…「えのき」の石づきはココで切ればよかった!

画像:photo AC

秋はいろんなきのこがおいしい時期ですよね。そんなきのこですが、石づきってどこで切ればいいか分かりますか?

たくさん切ってはもったいないし、でもあんまり根元の方で切ってしまうと食べても大丈夫なのか……など悩ましい経験をされた方も多いかと思います。

そこで今回は、野菜ソムリエの筆者が、石づきをどれくらいで切ったら良いか、そして細かく切るときにバラバラせずに切りやすい方法を伝授。さらに常備菜として重宝する自家製のなめたけのレシピも併せてご紹介しますよ!

 

■石づきはどこで切る?

きのこの定番、えのき。鍋物等によく使いますね。

さて、石づきはどこで切りますか? 線の付いているところでしょうか?

画像:大橋千珠

実は、下から1cmくらいのところで切ればOKなんです! おがこがついている場合は、取り除けば大丈夫です。

「今まで1cm以上切ってた……」という方も、これからは“根元から1cm”を覚えておくと便利ですよ!

 

■細かく切るときは「頭」から切るとバラバラになりにくい!

画像:大橋千珠

なめたけを作るときやみじん切りにするときは、えのきの向きを考えて切ればストレスフリーに切ることができますよ。

画像:大橋千珠

石づきを切り落としたあと、そのまま根元から切るとバラバラになってしまうことが多いですよね。とっても切りにくいです。

画像:大橋千珠

しかし、石づきを切り落としたあと、頭の方から切ると……?

画像:大橋千珠

ご覧の通り、バラバラにならないためとっても切りやすいんです! みじん切りにする際も、この方法で切るとラクチンですよ。

筆者の自宅では、えのきは常備野菜として冷蔵庫にストックしています。みじん切りにすると、意外とたくさんの料理に入れることができるんです。例えば、ミートソースや肉みそ、ハンバーグ、麻婆豆腐などなど。

食感のアクセントになりボリュームも増すので、とってもオススメです!

 

■生姜でポカポカ!「自家製なめたけ」レシピ

えのきがあれば、ご飯のお供“なめたけ”を作ることができますね。今回は冬に向け、生姜を入れた『ポカポカ温まる自家製なめたけ』にしてみました。

画像:大橋千珠

<材料> ※えのき1袋分

えのき・・・200g

生姜・・・一かけ

醤油・・・大さじ2

砂糖・・・大さじ1

みりん・・・大さじ1

昆布だし・・・50cc

<作り方>

(1)えのきの石づきを取り、1cmくらいに切ります。生姜は千切りにします。

(2)鍋に材料全て入れて、水分がなくなるまで煮れば完成!

昆布だしは水に置き換えることも可能ですが、昆布だしを使った方が旨味がプラスされるためオススメです。甘口に仕上げているので、甘くないなめたけがお好みの方は砂糖を控えて作ってみてくださいね。

 

いかがですか? 意外に悩ましいえのきの石づきの切り方。

今回ご紹介したポイントを参考に、ぜひ自家製なめたけも作ってみてくださいね!

 

【画像】

※ photo AC

※大橋千珠