CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > ドラフト会議迫る!ドラゴンズの選択は?

ドラフト会議迫る!ドラゴンズの選択は?

■プロ野球のドラフト会議が10月26日に迫ってきました

画像:CBCテレビ『イッポウ』

今年の注目選手をご紹介しましょう。

何と言っても今回のドラフトの目玉は、早稲田実業高校の清宮幸太郎内野手です。高校通算111本塁打という華々しい記録を打ち立てました。球場をファンで満員にしてきた超人気選手です。

そして同じ高校生では広陵高校の中村奨成捕手。今年夏の甲子園ではホームラン6本を打ち、PL学園高校の清原和博選手が持っていた記録を塗り替えました。キャッチャーとしても高い評価です。

そして大学生では、立命館大学の左腕・東克樹投手。ノーヒットノーランをなんと2回も記録しました。

社会人ではJR東日本の田嶋大樹投手やヤマハの鈴木博志投手らが各球団からの1位指名候補です。

 

■地元の中日ドラゴンズについて補強したいポイントを整理

画像:CBCテレビ『イッポウ』

まず“先発投手”。“先発投手は何人いてもいい”と言われるほどです。投手王国の復活には欠かせません。

また安心して勝ちゲームの最後に送り出せる“抑え投手”もほしいですね。

そしてキャッチャー。結局、今シーズンもレギュラーキャッチャーを1人に絞りきれませんでした。ドラゴンズには谷繁元信さん以来、正捕手がいません。補強が必要です。

打つ方では“代打の切り札”となるような強打者もほしいところですね。

しかし、今のドラゴンズに最も必要なのは“スター選手”です。それもただのスター選手ではなく“全国区のスーパースター”でしょう。

 

■なぜ「全国区のスーパースター」が必要なのでしょうか?

画像:CBCテレビ『イッポウ』

ドラゴンズの本拠地ナゴヤドームの入場者数ですが、NPBの資料から算出しますと、1997年のオープン初年度は年間250万人を超えていたものの、年によってばらつきがあるものの緩やかに減り続け、今季は197万4,724人と200万人を割りました。

また1試合平均の観客数も2万8,619人とナゴヤドーム21年の歴史の中で、過去最低でした。

ゲームに勝つことはもちろん大切ですが、5年連続Bクラスと低迷する今のドラゴンズには新たなそして強力な“起爆剤”、ナゴヤドームを連日満員にするスーパースターが必要でしょう。

満員のファンの熱烈な後押しで、チームも強くなっていくことに期待しましょう。

すでに阪神タイガースは清宮、広島カープは中村、それぞれ指名を公表しましたが、ドラゴンズは誰を指名するのか、まだ明らかにしていません。

もし、高校生のスーパースターを指名して獲得できたのなら、2~3年様子を見るというのではなく、思いきって開幕から即スタメンで起用してほしいと期待します。

 

■注目のドラフト会議は「プロ野球各球団の選択」ですが、その前に「私たちの選択」が迫っています

画像:CBCテレビ『イッポウ』

10月22日に投票を向かえる衆議院総選挙です。前回3年前の総選挙は投票率が戦後最低の52.66%でした。

台風も接近中でお天気も心配ですが、日本の将来を決める大切な選挙です。

必ず投票に出かけていただきたいと思います。

【イッポウ「金曜論説室」より  by CBCテレビ論説室長・北辻利寿】

 

【画像】

※CBCテレビ『イッポウ』