CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 「片づけ苦手…」は家づくりで解決!? 住宅のプロ達に聞く4つの収納術に驚き!

「片づけ苦手…」は家づくりで解決!? 住宅のプロ達に聞く4つの収納術に驚き!

画像:美崎政雄

みなさん、“片づけ”は得意ですか? 家事や子育てに忙しいママは、「ついついサボっちゃって……」「子どもがすぐにおもちゃ・おやつを散らかして困る!」といった方も多いのではないでしょうか。

そんなみなさんに朗報です! 実は、収納次第で家事がラクになるそうですよ。一体どんな収納術なのでしょうか?

~お話しくださったのはこの方々!~ ※ 左から

収納術を知りたいママ 山本さん
株式会社シンカ 伊奈さん(営業)
株式会社善匠 浜本さん(営業)
ハウスクラフト株式会社 森下さん(設計)
(以下、敬称略)

 

■1:流行の「ファミリークローゼット」は、リビングやダイニングキッチンの近くに

山本:収納といえば、最近よく耳にするのがファミリー収納ですよね! やはりマイホームに“ファミリークロ―ゼット”などを作りたい方って多いのでしょうか?

伊奈:確かに希望される方は多いですね。また「ファミリークローゼットもほしいし、納戸もほしい」という方も結構いらっしゃいます。

山本:となると、限られたスペースで両方の部屋を確保するのはなかなか大変ですよね……。

伊奈:はい、そこで両方を1つの空間に実現させる収納術があるんです。リビングやダイニングキッチンのすぐ隣に収納空間を設けると、布団やクリスマスツリーなどの持ち運びが大変なものや、急な来客にも片づけがラクですよ。

画像:株式会社シンカ/テレビの裏側には大きなファミリー収納が。

山本:使い勝手の良い空間が、リビングやキッチンのすぐ近くにあると良いですよね!

画像:株式会社シンカ

伊奈:お子さんが小さいうちはおもちゃの収納に使い、将来は収納の棚をデスクにして勉強コーナーにするなど、使い方は無限ですよ!

 

■2:収納スペースだけど「書斎」!? 自分のための空間づくり

浜本:ファミリー収納といえば、ご主人や奥さま、お子さまの本も収納できる“マイホーム図書館”を提案したこともありますよ。

画像:株式会社善匠/家族みんなのマイホーム図書館

山本:趣味グッズも収納に困るものの一つですよね。でもこのように家族で共有すると、コミュニケーションの場にもなっていいですね。

浜本:逆に「ファミリー収納もしたいけど、個人のスペースもほしい!」という方には、ご夫婦それぞれで空間を分けたウォークインクローゼットを提案したり、書斎と収納を一部屋の中に一緒に作ったりしたこともあります。

山本:確かに、夫婦でも欲しいスペースや作りたい空間は違いますもんね。特に女性は収納、男性は書斎にこだわるイメージがあります。

画像:株式会社善匠/ひとつの部屋で空間を活用!

浜本:はい、それぞれの希望を両立させてご提案したこともありますよ!  空間を活用して、用途が違うスペースを両立させました。大人の秘密基地みたいになり、とても好評でしたよ。

山本:とっても良いですね! 家族の空間も大切だけど、自分だけの空間もほしいですもんね。

 

■3:トイレグッズはあえてオープンに!? 「見せる収納」でわずかなスペースを有効活用

山本:日頃から家づくりに携わっているみなさんですが、実際に“お客様に喜ばれた収納”ってどんなものですか?

森下:トイレですね。ほんのわずかな収納ですが、どの家にも欲しいものです。ただ、普通に収納スペースを付けるだけでは、オシャレな空間にはなりません。そこで「隠しがちな収納をあえて“見せる収納”に」とご提案したところ、とても喜ばれました。

画像:ハウスクラフト株式会社/図面をよく見ると、収納の半分が壁に隠れています!

山本:逆転の発想ですね! どんな風に設計されたのですか?

森下:ちょっとした余剰スペースに“中の物が完全に隠せる棚”と“見せる収納のための飾り棚”の2種類を設計しました。収納もできて見栄えも良くなる一石二鳥の収納術ですよ!

山本:なるほど、トイレって生活感の出やすい空間ですもんね。“見せる収納”でオシャレに、そしてラクにお片付けできるのはうれしいですね!

 

■4:「ドア」は、収納のジャマ!? ドアがない空間のメリットとは

山本:収納スペースにはドアが必要不可欠だと思っていましたが、最近では“ドアのない収納スペース”も増えているそうですね!

森下:はい。僕も、お客様がドアを付けるかどうか迷っているときには、絶対に付けないように勧めています。ドアを付けることで、開け閉めの動作が家事の妨げになってしまうことも多いんです。

画像:株式会社シンカ

浜本:確かに私たちも、“子ども部屋のクローゼットにドアを付けない”という提案をすることがあります。最初は驚くお客様もいますが、クローゼットの中が普段から見えていると、お子さんの片づけ癖が促されますよ! ドアは、設置すればするほど費用がかかりますし……。

伊奈:逆に、キッチン等には“冷蔵庫まで隠せるドア”を付けて、来客のときだけ閉めるというのもアリですね! 白物家電など、生活感が出やすいアイテムは隠したいという方も多いです。

山本:ふむふむ。ドアを付けるときは、隠したいところと隠さなくて良いところを吟味すると良さそうですね!

 

いかがでしたか?

今回の対談は、愛知県蒲郡市の『casa cago』にて開催。

画像:美崎政雄

画像:美崎政雄

6畳という最小単位のピースを組み合わせてできた平屋スタイルの家は、ライフスタイルに合わせて家の形や部屋数を選ぶことができますよ!

また、こちらのモデルハウスはなんと“宿泊”もできるんだとか! 未来のマイホーム、一度泊まってみてくださいね。

 

次回は、こだわりキッチンが可愛いお家をご紹介! 色使いも注目です。次回もお楽しみに。

 

【取材協力】

株式会社 シンカ
住所:〒444-1332 愛知県高浜市湯山町2丁目3-8
対応エリア:三河エリア

株式会社 善匠
住所:〒457-0074 愛知県名古屋市南区本地通6-10
対応エリア:名古屋市、尾張エリア

ハウスクラフト株式会社
住所:〒510-1234 三重県三重郡菰野町福村795-1
対応エリア:三重エリア

 

 

【関連記事】

家づくりのプロ!東海を代表する住宅会社の社長に聞いた 「家を建てる前にするべきこと」3つ

※ 「子どもと住みたい家」見つけた!家のプロが教える魔法のような空間活用術

 

【撮影協力】

※ 美崎政雄

Sponsored by シンカ・善匠・ハウスクラフト