CUCURU(ククル) > グルメ > 1度の調理で2つ作れちゃう!「牛肉」を使った栄養満点レシピ2選

1度の調理で2つ作れちゃう!「牛肉」を使った栄養満点レシピ2選

画像:ヤマトライス

秋のグルメ・行楽シーズン真っ只中ですね。これから家族でおでかけしよう考えている方も多いのではないでしょうか。

そんなおでかけ時にお弁当でも活躍するだけでなく、お家でも簡単にできちゃうレシピがあると助かりますよね。

今回は、子どもも大好きな“牛肉”と“ごはん”使った簡単で嬉しいメニュー2選をお届けします。

 

■1:栄養たっぷりでとっても簡単!意外かつ絶品「洋風牛丼」

画像:ヤマトライス

<材料>

玄米ご飯・・・2合

牛肉細切れ・・・200g

タマネギ・・・1/2個

ニンニク・・・1かけ

卵・・・2個

サラダ油・・・大さじ1

塩コショウ・・・適宜

ベビーリーフ・・・適量

【A】

しょう油・・・大さじ2

みりん・・・小さじ2

砂糖・・・小さじ1

<作り方>

(1)玄米ご飯を2合分炊き(白米でも可)、一部をおにぎり用に取っておく。

(2)フライパンにサラダ油を入れ、薄く切ったニンニクを軽く炒める。一度取り出し、牛肉とタマネギ、【A】を入れ炒める。炒め終わったら皿に盛り、汁気はそのままフライパンに残しておく。

(3)フライパンで玄米ご飯を軽く炒め、塩・コショウをし、牛肉を持った皿に盛りつける。

(4)筒形で電子レンジ加熱可のカップに、1/4の高さまで水を入れ、卵1個を割り入れる。黄身の中央にようじを入れそっと抜き、電子レンジ600Wで1分加熱。2つ目も同じ手順でつくり、(3)の皿に盛りつけて完成!

※ 次にご紹介する“牛肉焼きおにぎり”用に、炒めた洋風牛肉を山盛り大さじ1杯分を取り分けておいてください。

 

■2:いつものお弁当がちょっと違う!手間いらずの「牛肉焼きおにぎり」

画像:ヤマトライス

<材料>

玄米ご飯・・・おにぎり2個分

洋風牛肉・・・山盛り大さじ1杯分

しょう油・・・大さじ1

漬物・・・適宜

<作り方>

(1)洋風牛丼山盛り大さじ1杯分を具にして、三角おにぎりを作ります。

(2)テフロン加工のフライパンにおにぎりを入れ、両面(弱火~中火)に焼き色を付けます。

(3)おにぎりの両面にしょう油を軽く塗り、同じフライパンで片面30秒(弱火)ずつ焼いたら出来上がり。

焼きおにぎりの状態で冷凍しておき、解凍は自然解凍または、電子レンジであたためることもできます。

 

■今回のレシピにおすすめのお米はこちら

画像:ヤマトライス

今回の“洋風牛丼”と“牛肉焼きおにぎり”におすすめのお米は『白米と同じように炊けるやわらかい玄米 魚沼 津南町産 特別栽培こしひかり』。

玄米にすることでビタミンやミネラル、食物繊維など栄養豊富になり子どもの健康にも嬉しいですね。

画像:ヤマトライス

でも、「玄米は炊くのが面倒くさそう」「食感があんまり……」と、思っている方もいるのではないでしょうか。

この『白米と同じように炊けるやわらかい玄米 魚沼 津南町産 特別栽培こしひかり』は何度も洗う必要もなく、浸水をしなくても大丈夫なのだとか。もしやわらかい食感が好みであれば30分ほど浸水させてあげればよいのだそう。

 

いかがでしょうか?

せっかくの家族のおでかけ。簡単だけど栄養たっぷりでおいしい今回のレシピで、ぜひお弁当を作ってみてくださいね。食欲の秋を楽しみましょう。

 

ご意見・質問があればぜひメールでどうぞ→cucuru@yamatosangyo.co.jp

 

【参考】

※ ヤマトライスホームページ

※ ヤマトライス本店

 

【画像提供】

※ ヤマトライス

Sponsored by ヤマトライス