CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 訪問看護師がアドバイスする「初めての介護」…まず何をしたらいい?

訪問看護師がアドバイスする「初めての介護」…まず何をしたらいい?

画像:ocsa / PIXTA(ピクスタ)

初めて介護をすることになったとき、まずは何をしていいかわからないことだらけですよね。そんなとき、何から始めたらいいのでしょうか?

今月は、愛知県で『あおば訪問看護ステーション』訪問看護師の浅井麻紀さんに、“介護を始めるにあたってやるべきこと”についてお聞きしました。

 

■初めて介護を行う場合、まず何をしたらいいの?

初めて介護を行うことになった場合、実際どういう手順で、どこに行って誰に頼めばいいんですか?

「もし、大きな病院にかかっている方は、病院にケースワーカーの方がいるのでその方や、主治医に相談しても良いです。小さい病院でも先生が相談にのってくれます。

もし身近に介護職や看護師がいればその方たちもいろいろ教えてもらえるので、聞いてみるといいです。

ただ、どうしてもわからない場合は、各地域に包括支援センターがありますので、そこに電話するといろいろな話を教えてくれます。とにかく一人で抱え込まずに、誰かに相談することが大事です」

初めて介護をする方は、何から始めていいかわからないし、何を聞いていいかわからないじゃないですか。そういう状態でも聞いてもいいんですよね?

「もちろんです。専門職の方でなくてもいいので、近所の人に世間話するだけでも、いろいろと口コミで教えてくれることもあります。まずはどんな小さいことでもいいので何か話していただければ、どこかで助言がもらえるかもしれません。ぜひ気軽に話してください」

 

■プロを頼ると、ベストな方法を教えてくれる

浅井さんの場合は訪問看護師ですが、各家庭に訪問しているんですか?

「医師の指示のもとで訪問させてもらってます。

その多くはケアマネージャーさんやケースワーカーさんから依頼があって、医師と連携をとって指示をもらってから訪問しています。

ケアマネージャーよりも頻繁に家庭に訪問する訪問看護師やホームヘルパーの方が相談しやすかったりもするので、もしご利用されている方がみえたら気軽に相談してもらえれば良いかと思います。

この方にはどんな“社会資源”が使ったらいいのかという助言もできます。“社会資源”には通所型のリハビリやデイサービス、訪問入浴などがあります。

あとは相談内容として、お金に関することは重要ですね。このことに関しても要介護者の生活背景を元に専門家が配慮して考えますので、ぜひ頼っていただけたら良いかと思います。

(左)平野裕加里さん、(右)浅井麻紀さん 画像:CUCURU編集部

 

いかがでしょうか? 初めての介護はわからないことだらけで不安になりますが、一人で抱え込まず、医師や看護師、地域包括支援センターなど、“まずは誰かに頼る”ということを忘れないでくださいね。

 

『キラママ de CUCURU』は、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【10月9日(月)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

浅井 麻紀(あさい まき)

訪問看護師。同じ事業所内に併設されている施設看護にも携わっている。

 

<番組情報>

CBCラジオ キラママ de CUCURU

東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。

放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://blog.hicbc.com/radio/kiramama/

 

【画像】

※ Taka / PIXTA(ピクスタ)

※ CUCURU編集部