CUCURU(ククル) > グルメ > なめこって洗うの…?意外と知らない「なめこ」をおいしく食べるコツ3つ

なめこって洗うの…?意外と知らない「なめこ」をおいしく食べるコツ3つ

画像:大橋千珠

きのこのおいしい季節になりましたね。みなさんの食卓にも、ぶなしめじ、えのき、舞茸……ときのこが登場する機会が増えてきたのではないでしょうか?

一般的に「きのこは洗うと風味が飛んでしまう」と言われているので洗わない方が多いと思います。筆者も基本的には洗いません。

しかし、洗うかどうか迷ってしまうのが“なめこ”。「洗うの? そのまま食べるの?」と疑問に思った方も多いと思います。

そこで今回は、なめこの下処理の仕方、おいしく食べるコツを3つお伝えします。

 

■1:洗うときは、サッと簡単に

きのこは洗わず食べても良いですが、なめこの場合はどうしたら良いのでしょうか?

ヌルヌル感が強いのでさっとざるで洗ってから調理するのをおすすめします。

画像:photo AC

汁物にするときはさっと洗ってから仕上がり直前で入れることが多いです。

なめこはあまり長い時間鍋の中でグラグラ煮込んでしまうと食感や旨味が減ってしまい、本来のおいしさが感じられないのです。

ですから汁物に入れる場合は汁物が完成する1分前くらいに投入するのが良いかと思います。

 

■2:酢の物や和え物にするときは「湯がく」!

酢の物、和え物にしたいときは、沸騰した湯に入れて1分茹でます。すると雑味が取れて食べやすくなりますよ。さらに大根おろしと合わせると食べやすくなります。

「なめこと三つ葉のおろし和え」

画像:大橋千珠

<材料> ※ 2人分

なめこ・・・1袋

三つ葉・・・1/2袋

大根・・・5cm

ゆずポン酢・・・大さじ1~2

梅干し・・・1個

<作り方>

(1)なめこは1分茹で、ざるにあげて水気を切ります。

(2)大根は皮をむきすりおろします。

(3)三つ葉はさっと茹でて3cmほどに切ります。

(4)梅干しは叩きます。

(5)ボウルでなめこ大根、三つ葉、梅干し、ゆずポン酢を混ぜたらできあがり!

画像:大橋千珠

少しなじませておくと、大根の辛味がなじんでおいしくなります。三つ葉をミョウガに置き換えてもおいしいですよ。

 

■3:酒を使って炒ると、コリっとした歯ごたえに!

コリッとした歯ごたえを期待するなら、酒で炒るのもオススメです。手順は、フライパンにさっと洗ったなめこを入れ、

画像:大橋千珠

酒を大さじ1入れて火にかけ、アルコールを飛ばすだけ。

画像:大橋千珠

水分がなくなったらお好きな食材と和えてみてくださいね。茹でたときとは違った食感を味わえますよ!

 

いかがですか?

他のきのことは雰囲気の違うなめこ。さっと洗って、加熱をし好きな食材を和えるだけで簡単副菜ができますよ。ぜひお試しくださいね。

 

【画像】

※ photo AC

※大橋千珠