CUCURU(ククル) > グルメ > なんと沸騰した湯に!「グレープフルーツ」の皮をキレイにむく衝撃の裏ワザ

なんと沸騰した湯に!「グレープフルーツ」の皮をキレイにむく衝撃の裏ワザ

画像:大橋千珠

秋は果物がたくさん出回りますが、年中食べられる果物も目が離せません。年中スーパーの棚に並んでいるのはオレンジ、バナナ、グレープフルーツ、キウイと色々ありますが、今回のテーマは“グレープフルーツ”。

グレープフルーツって食べづらいって思ったことありませんか?

半分に切ってスプーンですくうと果汁ばかり飛び散ったり、綺麗に食べられなかったり……。しかも、皮をミカンのようにむこうとしても硬くて綺麗にむけなく、薄皮も残っちゃいますよね。

そこで今回は、グレープフルーツを“簡単にむく最強の裏ワザ”を伝授します!

 

■え…グレープフルーツを茹でちゃうの!? キレイにむく裏ワザとは…

では早速、裏ワザを使ってグレープフルーツの皮をむいてみましょう!

用意したのは、見るからに皮の硬そうなグレープフルーツ。一体どうやってむくのでしょうか……?

画像:大橋千珠

(1)グレープフルーツを、なんといきなり沸騰した湯に! そのまま3分間茹でます。鍋が小さい場合は、グレープフルーツ全体に湯が行き渡るよう、菜箸でぐるぐる転がしてくださいね。

画像:大橋千珠

(2)3分経ったらすぐに、氷水に入れて冷やします。グレープフルーツがパンパンに膨れていきますよ!

すぐに冷やさないとグレープフルーツに火が通ってしまいますので、要注意。ぬるいグレープフルーツにならないよう、しっかり冷やしましょうね。

画像:大橋千珠

(3)水気を拭き取ってから、むいていきましょう。

画像:大橋千珠

まるでミカンの皮をむくように、スルスルむけちゃいます!

画像:大橋千珠

むいた皮はご覧のとおり。普通にむいただけでは、こんな風にキレイにはなりません。

画像:大橋千珠

 

■中の薄皮もスルスル!気持ち良いほどカンタンにむける

外の皮がキレイにむけたら、薄皮もむいてみましょう!

画像:大橋千珠

(1)グレープフルーツの中心部分、割れ目がある方の皮を引っ張ると……無理なく実から薄皮がはがれます!

画像:大橋千珠

背の部分もスルスル剥けます。

画像:大橋千珠

画像:大橋千珠

 

■グレープフルーツを料理するには…

画像:大橋千珠

薄皮までキレイにむいたグレープフルーツがこちら。もちろんこのまま食べてもいいですが、スイーツなどに使う際も形が活かせて便利ですね!

グレープフルーツはゼリーはもちろん、今流行の“パワーサラダ(果物、たんぱく質入りのサラダ)”にしたり、チーズケーキに合わせてみたり、肉料理に添えてみたり……とその用途はさまざま。

さらに、湯むきすることによって生のまま食べるより、苦味が若干少なく感じるので、料理にも応用しやすくなりますよ!

 

いかがですか?

生のままではなかなか皮がむきにくく、食べにくいグレープフルーツ。3分茹でるだけで薄皮までスルスル皮がむけるので、とても気持ち良いですよ。

年中楽しめるグレープフルーツ、ぜひ湯むきにチャレンジしてみてくださいね。

 

【画像】

※ 大橋千珠