CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 世界最高峰の花火が名古屋港に!全席指定の『名港水上芸術花火2017』開催

世界最高峰の花火が名古屋港に!全席指定の『名港水上芸術花火2017』開催

画像提供:名港水上芸術花火

名古屋港と聞いてすぐに“花火”を想像する方も多いのではないでしょうか? 夏は『みなと祭り』、冬はクリスマスと筆者も毎年とても楽しみにしています。

そんな名古屋港の花火ですが、秋にも開催されていることはご存知でしたか? 今年で3回目を迎える『名港水上芸術花火2017』を今回はご紹介いたします!

 

■全席指定で観る!世界最高峰の水上花火

名古屋港の新しい風物詩として、2015年に名古屋港ガーデンふ頭に誕生した『名港水上芸術花火』。

日本最高峰の花火師が一堂に集まり、音楽に合わせて打ち上げる“グレートスカイアート”は見る人の心を揺さぶる圧巻の総合芸術!

滞空時間、残存光を緻密に計算し、音楽のリズム・メロディー・楽器・歌詞・ボーカルに合わせてコンピューターを駆使し、30分の1秒単位で花火を打ち上げるのだとか!

 

■お金を払って花火を見る価値アリ

有料花火が始まったきっかけは、自治体予算、スポンサー協賛が減少した中で、個人が皆で支えるという考えからなのだそう。

“本当の花火好きが妥協なく花火観賞する”という習慣も、日本全国で広まりを見せつつあります。

また、花火師さんたちも、有料花火での打ち上げで観客から直接お金をいただいているため、いい玉・いい演出・いい空間と最高の花火大会を演出しようと一段と気合が入るのだそう!

 

■SNSでVIP席が当たる!?

一般では入場できない“VIPエリア”チケットがペアで当たるチャンスも!

応募方法は、、名古屋の地下鉄栄駅にある『サカエチカ・クリスタル広場』にて開催されている花火写真展・PRブースへ足を運び、気に入った花火の写真を撮ってSNSにアップするだけ!

“#名港水上芸術花火2017”のハッシュタグを付けることをお忘れなく!

 

『名港水上芸術花火2017』は名古屋港環境保全チャリティイベントでもあるので、花火を楽しむことで社会貢献に繋がるのも嬉しいですよね!

初年度では9,000席が完売、昨年は3,000席が増席されるほど、注目度も人気度も高い名古屋港の新しい花火大会。あなたも足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

<開催情報>

名古屋港環境保全チャリティイベント「名港水上芸術花火2017」

日程 :2017年10月14日(土) ※荒天時、翌日10月15日(日)に順延
時間 :開場17:30 開演19:00 終演20:00
会場 :名古屋港ガーデンふ頭 (名古屋市港区港町)
入場料 :個人応援協賛席4,500円(消費税込)、 A席3,000円(消費税込)
HP:https://www.nagoya-hanabi.com/
お問い合わせ:0180-99-5555

 

【画像】

※ 名港水上芸術花火