CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 観光名所・豊川稲荷で9月17日開催! 地元作家&職人が揃う「豊川手しごと市」

観光名所・豊川稲荷で9月17日開催! 地元作家&職人が揃う「豊川手しごと市」

画像:豊川手しごと市実行委員会

厳しい暑さの夏も終わり……スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋! 過ごしやすい季節になってきましたね。「どこかおでかけしたいなあ」と考えている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、そんな方にピッタリのイベント、愛知県豊川市の豊川稲荷で開催される『豊川手しごと市』をご紹介します。

手しごとにこだわりをもった作家・職人の作品が販売され、作り手との会話も楽しめる人気のイベントなんですよ!

 

■「手しごと」にこだわりあり!約45もの地元作家&職人ブースが勢ぞろい

画像:豊川手しごと市実行委員会

『豊川手しごと市』では、約45もの地元作家&職人ブースが集結。ひとつひとつ時間をかけてつくりあげた作品には、作家、職人のこだわりや想いが込められています。

その品揃えは、ハンドメイドの子ども服から布小物・レザークラフト・彫金アクセサリー・木工細工・アロマワックスバーやハーバリウム・自家製酵母パン・焼き菓子などなど、とっても豊富!

また、実際に来場者が手しごとを体験できる教室の企画ブースもあり、一日中楽しめます。

 

■どうして「豊川稲荷」?そこには主催者の想いがあった

『豊川手しごと市』は日本三大稲荷のひとつとされている豊川稲荷で開催されます。

豊川手しごと市実行委員会によると、「豊川の魅力を再認識してほしい!」という想いが込められているんだとか。

約700年の歴史のある豊川稲荷の歴史と共に栄えてきた豊川市。地域の人々はもちろん、市外・県外から訪れる参拝客や観光客に豊川市の魅力を改めて感じてもらうきっかけになればと、豊川稲荷が選ばれたんですね。

作家、職人の作品を手にした人が、家に帰ったときに作品を見て思い出したり、ぬくもりを感じることができたり……。作家や職人、そして来場した人々が“ご縁”で繋がる場所として人気です。

 

■「お餅投げ」は、割引券などのお得チケット付き!

『豊川手しごと市』は、普段は単独イベントとして開催されているものの、今回は豊川駅周辺・豊川稲荷周辺で開催される『ほいとも祭2017』のイベント枠に入っているんだとか。『ほいとも祭2017』では、『よって軽市(軽トラ市)』『手しごと市』『いなり楽市』『本町ナイト』の4イベントが同日開催されるんです!

各イベントで開催される“餅投げ”でお餅やお菓子をゲットすると、商店街で利用可能なお得チケットが付いていることも! 子どもから大人まで楽しむことができますね。

 

いかがですか?

「“作り手から使い手へ” 想いの届く街づくり」をテーマに開催される『豊川 手しごと市』。こだわりの作品たちや、会話からうまれる温かさ・ぬくもりを感じにぜひ足を運んでみてくださいね。

 

<開催情報>

豊川手しごと市

日程:2017年9月17日(日)
時間:10:00~16:00 (小雨決行)
場所:豊川稲荷(愛知県豊川市豊川町)

 

【参考】

豊川手しごと市

 

【画像】

※ 豊川手しごと市実行委員会

Recommend今あなたにおすすめ