CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 夏の枯れ肌対策は、「ラメラ構造」をキープするボディ洗浄料選びにある!

夏の枯れ肌対策は、「ラメラ構造」をキープするボディ洗浄料選びにある!

 夏の暑さも和らぎつつありますが、紫外線などによるお肌のダメージが気になるという人も多いのでは。

 紫外線といえば、シミ・シワへの影響が心配されますが、実は、肌の水分保持能力が低下することで、「乾燥」も招くのだとか。冬の現象と思いがちな乾燥肌が、夏にもあるなんて驚きですね。「夏枯れ肌」なんていう言葉もあるように、紫外線の他にも冷房による湿度低下や汗による肌水分の蒸発など、夏は肌の乾燥を招く要因が多いそうですよ。

 肌の潤いは角質層によって守られている、というのは美容意識の高い女性には、もはや常識ですよね。角質層は、水分と脂質が規則正しく並んだミルフィーユのような層状=「ラメラ構造」になっていて、脂質の間に水分を保持することで肌の潤いを保っているそうです。

 一方、肌の乾燥は前述した外的要因に加え、実は「入浴」も大きなポイントとなるようです。入浴のときに、肌をゴシゴシと強くこすってしまうと、ラメラ構造が乱れて水分が保持できず、それが肌の乾燥につながることもあるというのです。

 皮膚科医である山田美奈さんは、肌の乾燥を防ぐ入浴時のポイントをこう話します。

「肌の乾燥は『補う』ケアが主流ですが、肌がもともと持っている『潤う力』を損なわないことが大切です。入浴時、洗う成分や洗い方に気を付け、ラメラ構造が乱れないケアをすることで乾燥予防や、乾燥しにくい肌を保つことに役立ちます。ボディ洗浄料はラメラ構造を壊さないものをチョイスし、優しく洗う方法を取りましょう」

 なるほど、入浴後の保湿には気を付けていても、肌を根本から守らないと、乾燥は防げないというわけですね。逆に、それができれば入浴後の保湿がいらない肌になる!ともいえそう。

 山田さんいわく、洗浄料の成分そのものがラメラ構造を乱すこともあるそうなので、角質層の中にまで入り込まない成分が、洗浄料選びのポイントとなりそうですね。

 最近は、技術の進化もあって、さまざまな商品が開発されています。何を選べばいいか悩んでしまいますが、そんなときはそれぞれの「売り」をみるといいかもしれません。

 例えば、クラシエのボディウォッシュ「ラメランス」はラメラ構造を壊さず洗うことを特長としていますが、ドラッグストアやスーパーなどでは、成分比較をして商品を理解したうえで、自分にあった洗浄料をみつけてくださいね。

 乾燥肌は、保湿よりもまずはラメラ構造を壊さないこと。根本から肌の潤いをキープし、夏の枯れ肌をしっかりケアしましょう。