CUCURU(ククル) > グルメ > 創業111年!老舗甘栗店のほくほく「食べ歩きスイーツ」が秋にピッタリ

創業111年!老舗甘栗店のほくほく「食べ歩きスイーツ」が秋にピッタリ

画像:夏目佳代

名古屋市中心にあり、観光客も多く訪れる大須商店街・万松寺通り。その入り口に店を構える『今井総本家』は、明治39年創業の天津甘栗のお店です。

創業以来、その味を守り続けている“天津甘栗”は甘くてホクホク。わざわざ遠方から買い求めに来る人もいるほどなんだとか! そんな栗の専門店が作るスイーツは、本物の栗の味わいを楽しめ、食べ歩きにぴったりと人気なんですよ!

 

■焼く工程も見られる!焼きたて栗まんじゅう

画像:夏目佳代

栗のスイーツが食べられるのは、今井総本家に隣接するイートインスペース『栗子茶屋』。この秋、こちらでぜひ食べたいのが、ガラス越しに焼いているのが見える『栗子焼栗まんじゅう』です。

画像:夏目佳代

画像:夏目佳代

やわらかなカステラ生地に餡を入れて焼いたかわいい栗の形のおまんじゅう。ふわふわで甘くパクパク食べられる大きさです。

画像:夏目佳代

中に入る餡は、栗のつぶつぶが入った一番人気の甘栗あん、洋風のマロンクリーム、粒あん、こしあんに、季節によって、マンゴーや桜あんなどが加わるときもあります。

画像:夏目佳代

焼き立てをその場で個包装していて箱入りも購入できるので、おみやげにしてもいいですね。その場でおいしく食べて、家族にも持ち帰れば、みんなが幸せな気持ちになりそうです。

 

ひんやりスイーツもまだまだ大人気!

画像:夏目佳代

夏の間、行列ができていたのが、こちらの『栗ミルク氷』。栗のたっぷり入った栗みつとミルクがかかっていて、栗のソフトやバニラソフトをトッピングすることもできます。『栗ミルク氷』は、気温などにより秋には終了しますが、9月末までは食べられるので、ぜひ、駆け込みで食べに行ってみてくださいね。

画像:夏目佳代

もう1つの人気スイーツは『栗ソフト』。たっぷりの甘栗を練りこんだ濃厚なソフトクリームに、甘栗入りの栗みつがかかり、さらに甘栗パウダーを練りこんだかわいい栗型のカステラ『くりむす』がちょこんと乗っています。『くりむす』は店頭でも販売されていますよ。

画像:夏目佳代

 

『天津甘栗』はもちろん、今まさに栗づくしのお店『今井総本家』。10月中旬には新栗も入ってくるということなので、秋を味わいに、ぜひ訪れてみてくださいね。

 

<店舗情報>

今井総本家 万松寺本店

住所:愛知県名古屋市中区大須3丁目30番47号
電話:052-262-0728
営業時間:9:00~19:00
定休日:年中無休

栗子茶屋

住所:本店に同じ
電話:本店に同じ
営業時間:10:00~18:00
定休日:不定休

 

【画像】

※ 夏目佳代

Recommend今あなたにおすすめ