CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 【マヤ暦占い】9月13日~16日は、「困難」が幸運のカギ!?

【マヤ暦占い】9月13日~16日は、「困難」が幸運のカギ!?

画像:Chinnapon/Shutterstock

マヤ暦で見ると、現在、エネルギーが強い“黒KIN”と呼ばれる日が連続して続く期間を私たちは過ごしています。

このエネルギーは“良し悪し”ではなく、プラスにもマイナスにも、思考次第で大きく物事が動くとき。ですから、日頃の自分の思考が大切となるのです。プラスにもマイナスにも“感情”“思考”が大きく揺さぶられるときなので、過ごし方にもポイントがあります。

9月13日からの4日間、宇宙のエネルギーが変化しますので、その過ごし方やポイントをマヤ暦アドバイザーの筆者がご説明していきます。

 

■9月13日からの4日間は、負の感情は意識しないことが大切

9月13日からの4日間は、“苦悩”“困難”を意味するエネルギーが流れる期間です。“苦悩”“困難”と聞くと、怖くなったり身構えたりしてしまいますが、全く恐る必要はありません! 宇宙は、私たちに成長するチャンスや機会を与えてくれているのです。

“苦難”“困難”な出来事に出会いやすい期間ですが、それを知っているのと知らないのとでは、まず“心構え”の部分が違います。この記事を読んで知った方は、ぜひ“困難”から逃げずに「成長できるチャンスだ」と意識を変えてください。この心構えがあると、不安になりにくいのです。

そしてこの期間、周りからの自分に対する批判言動に会ったときは“気にしないこと”“そこに意識を向けないこと”が大切です。

気苦労が多いかもしれませんが、困難に出会うことで、ご自身の魂は大きく成長します。次なるステージへ向かう前は必ず、しゃがみこみが必要なのです。難しいことに出会った人は、それだけレベルの高いステージへ上がるということ! 過去は振り返らず、明るい未来を見つめて前進していきましょうね!

 

■9月13日からはどんなエネルギーが流れているの?

画像:鈴木祐実

その日のエネルギーを“KIN”(キン)という名称で表します。KINというその日のエネルギーを詳しく紐解くと、“20の紋章”と“13の音”の組み合わせでできており、260通りのKIN(エネルギー)が存在します。

毎日変化するKIN(エネルギー)=“音”“紋章”の意味を読み解くことで、その日の宇宙からどんなエネルギーが流れてくるのかが分かります。

 

9月13日のエネルギー・・・「音9」

9月13日は、“赤い蛇の13日間の9日目となる音9”の日。“音9”は、「意図の脈動」「ワクワクドキドキ」「人を元気づける」などのテーマがあります。

“音9”の今日は、好きな物事に素晴らしい集中力を発揮できるとき。好きなことに関わらず、目の前の事に全力で力を注ぐことで、素晴らしいエネルギーを発揮できるのです。そして、自分が目の前のことに一生懸命取り組む姿は、周りの人をも元気づける力を持つのです。でも、ここで、一つアドバイス!

今日は、好きなこと、目の前のことに集中するのはとても良いことですが、意識しないと周りの声が聞こえなくなりがちに……。ぜひ意識を周囲にも向けて、“傾聴”を心がけていきましょう。

人の意見に耳と心を傾けながら、周りの人を元気づけていきましょうね! その行動を宇宙は、しっかりと見ていますし、宇宙からの応援が入りますから!

 

9月13日を司るエネルギー・・・「赤い空歩く人」

“赤い空歩く人”は、「人々の成長を手助けする」「天と地の柱」「教育者」「ボランティア」「感受性」などのキーワードがあります。

今日は、どなたも“赤い空歩く人”のエネルギーの影響を受けやすくなります。それにあたり、あることを意識することで、宇宙からの応援を得られるのです。それは、目の前の人のためにそして、目の前のことに、全力で誠意を持って取り組む姿勢を大事にすること。

この“赤い空歩く人”のエネルギーは「世のため人のために」と、周りに想いを向ける紋章(エネルギー)。そして“世のため人のため”と動くとき、自分の今までの経験や体験に基づき、人を導こうとするエネルギーです。

今日は“困難”“苦難”、先々が見えない状況でも、焦らなくて大丈夫!。目の前のこと、目の前の人の為に何ができるか?を考え、全力で今できることに取り組むと、宇宙の応援を得られるのです。

 

今までの自分の経験・体験や、想定を超える出来事に会うかもしれませんが、自分の体験・経験を超える出来事は、自分の成長の絶好のチャンス!

自信がなくても、先が見えなくても、目の前の事に誠意を持って取り組むことで、必ず先々に光は見えてきます! 諦めないでくださいね!

 

【画像】

※ 鈴木佑実

※ Chinnapon/Shutterstock