CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 子どもが自分で片付けられるようになるための3つのポイント

子どもが自分で片付けられるようになるための3つのポイント

画像:バービースタイル マキ

オモチャや学用品、誰が片付けていますか? 子どもの持ち物って、細かい物が多かったり、数も多かったりして管理が難しいですよね。結局ママがしびれを切らして片づけてしまうことも多いのではないでしょうか。

でも、片付けやすい環境を作れば、子どもでも自分で片付けができるようになるんです!

そこで整理収納アドバイザーの筆者が、そんな子どもでも“片付けたくなる!”3つのポイントをご紹介していきます!

 

■ポイント1:使用頻度を考える

まず初めに、アレもコレも使っている物も使っていない物も、全部を一緒に管理しようとしていませんか?

せい 画像:バービースタイル マキ

例えばオモチャ。使用頻度によって仕分けする必要があります。よく遊んでいるオモチャは一番取り出しやすく、片付けやすい位置に。

画像:バービースタイル マキ

使用頻度の低い、いわゆる2群のオモチャは、よく使うオモチャとは別にして、使いたい時に取り出せる場所にしまっておきます。

画像:バービースタイル マキ

たくさん与えれば、たくさん遊んでくれるというわけではなく、実は厳選した物を目につく場所に置いて、お子さんの興味やブームに合わせてアイテムを入れ替えるのが理想的。

数を絞ってあげるだけで、片付けのハードルもグッと下がります。

 

■ポイント2 :収納はシンプルかつ場所が要

人はアクション数が増えるほど、面倒臭さを感じてしまう習性があります。

例えば、何かを片付ける時、「使った場所から遠く離れていて、扉を開けて、さらに中の引き出しを開けて物を片付ける」のであれば、どうでしょう?

使う時は必要だから取りにいくのだけど、ここまで手間になるのであれば、片付けるのはつい後回し……になりませんか?

画像:バービースタイル マキ

お子さんの使う文具や学用品、お絵描きの道具なども、その行為をする場所の近くに収納を作るだけで、出し入れが簡単になります。

さらに収納方法はあまり凝らず、“ワンアクション”で片付けられるようなシンプル収納がオススメ。

例えば、幼稚園でのお片付け~♪タイム。どうしてあんな小さな子どもでも片付けられるのでしょうか?

それは、誰もが分かる“ワンアクション”の片付け方式だから。

画像:バービースタイル マキ

画像:バービースタイル マキ

ボックスには写真や絵で表示。分類されて投げ入れるだけ。小さなお子さんをお持ちの場合は、慣れるまで同じような工夫をしてみてもいいですね。

 

■ポイント3:片付けを習慣にする

片づけをしっかりと習慣として身につけるために、楽しくお片付けができるようご褒美カードを使ってみるのもオススメです。

画像:バービースタイル マキ

できたら、ひとつシールを貼ります。それぞれお子さんとご褒美の約束をしてもいいですね。

また、“お片付けのタイミングを決める”という方法も効果的です。遊んだ後、勉強した後、寝る前…… など。出した物を片付ける、リセットタイムを作るのもオススメです。

こんなに散らかっていたのに……
画像:バービースタイル マキ

時間がくるとキレイにお片付けしてくれるように
画像:バービースタイル マキ

いずれも最初は一緒に片付けを見守ってあげましょう。片付けはイヤなことではなく、キレイになって楽しい、嬉しいことだ!という意識付けが、自ら片付けられる子どもを育てる第一歩。そしてできたら、褒めて! 喜んで!

これは、小さなお子さんに限らず、大人でも同じ。片付いて嬉しい! 気持ちが良い! ありがとう!という感謝の気持ちを伝えることで、ヤル気にもつながります。

 

以上3つのポイントをご紹介しました。

なかなか子どもが片付けてくれない……とお悩みの方も、この片付けやすい環境作り、そして意識付けによって、お子さんの自立心を養い、家事で忙しいお母さんの手間も省いていきませんか?

 

【画像】

※ バービースタイル マキ