CUCURU(ククル) > グルメ > 海苔の包み方が重要!インスタで話題の「ぱっかんおにぎり」上手に作るコツ

海苔の包み方が重要!インスタで話題の「ぱっかんおにぎり」上手に作るコツ

画像:藤波久仁子

“ぱっかんおにぎり”って知っていますか? おにぎりの中央を「ぱっかん」と開いて好きな具を詰める、まるで具材が飛び出してきたみたいな、楽しい一口サイズのお洒落で可愛いおにぎりです。インスタグラムでも人気を集めているんです!

そこで今回は秋の行楽弁当にもおススメ!な、“ぱっかんおにぎり”の簡単な作り方を伝授します! コツをつかめば、とってもキレイに握れますよ。

 

■基本の「ぱっかんおにぎり」の作り方

(1)1個50gの丸おにぎりをラップでギュっと包んで作ります。ご飯は塩味をつけておきます。おにぎらず用の海苔を使う時は、海苔に塩が付いているので味付けは不要です。

画像:藤波久仁子

(2)板海苔1枚を4分の1にカットし、包みやすいよう写真のように4箇所切ります。こうすることによって、海苔が重なってゴワゴワになるのを防ぐことができます。

画像:藤波久仁子

(3)ラップを敷き、(1)の丸おにぎりを(2)でカットした海苔で包みます。

画像:藤波久仁子

画像:藤波久仁子

画像:藤波久仁子

(4)敷いたラップを使ってギュッと包み、少し時間を置いてご飯に海苔を馴染ませます。

画像:藤波久仁子

(5)しっかり馴染んだら真ん中に切り込みを入れて、「ぱっかん」と口を開いたような状態にします。

画像:藤波久仁子

(6)開いたところにお好みの具を挟んだら出来上がりです。

画像:藤波久仁子

今回使用した具材は、大葉、エビチリ、鶏のから揚げ、赤ウインナー、鮭のほぐし身です。

中に入れる具は、なんでもOK! 冷蔵庫の中のあまり物で、ちゃちゃっとできちゃうのが嬉しいところ。ついでに、冷蔵庫の掃除もしちゃいましょう。

 

いかがでしたか? コツさえつかんでしまえば意外と簡単に作れてしまう“ぱっかんおにぎり”。お子さまの好きな具を挟んだら、秋の遠足で自慢しちゃうかもしれませんよ!

 

【画像】

※ 藤波久仁子