CUCURU(ククル) > グルメ > 秋スイーツの革命児!犬山市・もちたけの「栗羽二重」がふわふわで絶品

秋スイーツの革命児!犬山市・もちたけの「栗羽二重」がふわふわで絶品

画像:野村純子

秋は栗を使ったスイーツが目白押しですね。今回は手土産にも喜ばれること間違いなし、犬山市にある『和菓子処 もちたけ』の『栗羽二重』をご紹介します。栗きんとんを柔らかな羽二重餅で包んだ銘菓ですよ。

東海エリアでは、秋になると岐阜県を中心に栗きんとんを扱う店が多いのですが、通常は“茶巾で搾ったスタイルの栗きんとん”です。こちらでは大福よりも柔らかくてなめらかな羽二重餅で、栗きんとんが包まれているのです。

 

■選び抜かれた栗だけ!おいしさの秘密

画像:野村純子

『和菓子処 もちたけ』の『栗羽二重』(1本1,220円)は、犬山市の契約農家から仕入れた“100%国産の栗”を使用します(収穫状況により、犬山市以外の日本国内産を使用)。

その中でも木から落ちて24時間以内の、さらに変色や劣化していない栗だけを選別して使うのだそう。

「栗は刺身と同じで、何よりも鮮度が命」(パンフレットより)

というから驚きです。

おいしくいただく適温は15~24度。それより低温だとまわりの羽二重餅が固くなり、高温になると溶けやすくなります。残暑の厳しい日には、冷蔵庫の野菜室に保存し、食べる30分前には常温に戻すのが良いそうですよ。

開封してみると、“巻きす”と厚紙にガードされた餅はとってもふわふわ! 相当やわらかいです。

画像:野村純子

通常の栗きんとんは2~3日もすると乾燥したり、少々固くなったりしやすいのですが、この『栗羽二重』は餅で包まれているので、しっとりしたまま保存期間は7日間(開封前)あります。「遠方の方に贈りたい」という想いから生まれた『栗羽二重』。これなら手土産にも良さそうですね!

 

■「土日限定」秋スイーツも見逃せない!

画像:野村純子

もちたけのイチオシ秋スイーツは、栗羽二重だけではありません。

土日限定の『栗きんとんプリン』(270円)も絶品! 栗の粒が残るクリームがたっぷり乗ったとろけるタイプのプリンで、売り切れ必至の一品です。

画像:野村純子

お店の場所は、犬山城やSNSで注目の三光稲荷神社から車で約5分。またイオン長久手店をはじめ、愛知県内各地でも出張販売がありますので日程はホームページでご確認くださいね。

ぜひ他県の方にもオススメしてみてはいかがでしょうか?

 

<店舗情報>

和菓子処 もちたけ犬山本店

住所:愛知県犬山市大字犬山字北笠屋10-1
電話:0568-61-1658
営業時間:8:00~18:00(水曜日のみ8:00~15:00)
定休日:年中無休(1/1を除く)

 

【画像】

※ 野村純子